iPhoneの「天気」アプリで地域情報を追加する裏ワザ


iOSに付属の「天気」アプリは、現在地付近の天気以外にも、世界中の都市・地域の天気をチェックできます。気象情報会社との提携により入手した最新のデータは、操作時点の天気にくわえ1週間以内の天気予報もカバーします。国内・海外で出張を繰り返す人にとっては、地味に使えるアプリという認識なのではないでしょうか。

その「天気」アプリですが、都市・地域の登録はやや面倒です。アプリを起動して画面右下の「三」ボタンをタップ、現れた天気予報を表示する都市リスト右下にある「+」ボタンをタップ、続いて地名や郵便番号、空港名を入力するという流れですが、都市名の綴りを間違えたり空港コードを忘れてしまったり、思うように進められないことがあります。もっと直感的に操作できれば……。

都市・地域を登録するもうひとつの方法として、「マップ」アプリを使う手があります。まずは登録したい地域を「マップ」アプリで表示し、地図エリア右下にある現在の天気と気温を表示したボタンを長押し(プレス)しましょう。その地域の気象情報がまとめられたダイアログが現れるはずです。

このダイアログが現れたら、そのままディスプレイを長押ししましょう(3D Touch対応機種はさらに押し込む)。自動的に「天気」アプリが起動し、「マップ」アプリで表示していた地域を登録するかどうか訊ねるダイアログが現れます。ここで「追加」ボタンをタップすると、地名や郵便番号、空港名を入力することなく任意の都市・地域を「天気」アプリに登録できます。

あなたにおすすめ