今夜『下町ロケット』ギアゴーストの開発情報が漏れている疑いが…

クランクイン!

2018/11/4 11:40

 俳優の阿部寛が主演を務めるドラマ『下町ロケット』(TBS系/毎週日曜21時)の第4話が今夜放送される。今回は、ギアゴーストの開発情報を外部に漏らす内通者の存在が明らかになるほか、殿村(立川談春)が重大な決心をする。

【写真】『下町ロケット』第4話場面写真

本作は、2015年の10月期に放送された『下町ロケット』の新シリーズ。主人公・佃航平(阿部)が経営する町工場「佃製作所」が、新たな挑戦に乗り出す様を描いている。

佃と経理部長・殿村の機転で、帝国重工による信用調査をなんとかクリアした佃製作所。ギアゴースト買収へと本格的に動きはじめた矢先、神谷弁護士(恵俊彰)から、「ギアゴーストの開発情報が外部に漏れている可能性がある」と告げられる。

佃製作所の社員たちは、特許侵害訴訟の勝訴に向けて、ギアゴーストに協力して解決の糸口を探すものの苦戦。そんな中、伊丹(尾上菊之助)と島津(イモトアヤコ)は思わぬ形で内通者の存在を知ることになり、驚きを隠せないのだった。一方、仕事の傍ら実家の農作業を手伝っていた殿村は、ある重大な決心をする。

日曜劇場『下町ロケット』第4話は、TBS系にて今夜11月4日21時放送。

あなたにおすすめ