学生ノリじゃ痛い…。25歳からの「長続きする恋愛」のために気をつけるべきこと

ハウコレ

2018/11/4 11:00



こんにちは、美佳です。学生の頃は、「彼氏は自分の人生の全て♡」になりがちというか、自分の全エネルギーを恋に捧げていた人も多いのではないでしょうか。

他の女子と話していたら嫉妬するし、毎日「好きだよ♡」のLINEも送る。友達との約束よりも彼氏から「来るかもしれない」お誘いメールを優先したこともあるかもしれません。

確かにそれはそれで青春っぽくて素敵なのですが、25歳を超えても自分の全エネルギーを恋愛に注ぐというのはバランスが悪いというか、ちょっと痛いです。そこで今回は、25歳からの恋愛で意識すべき点を述べたいと思います。

■彼のことが大好きでも「彼氏中心」にしない
学生の頃は彼氏中心の生活だった女子もいるはず。けど、社会人になり、それなりにすることも多くなって責任も出てきた20代半ばに、彼氏中心の生活というのはちょっと痛いし周りから見たら恋愛依存な女子です。

自分の生活のはずなのに、その中心に「彼氏」がいるっておかしいですよね?ケンカなどをして生活の中心である彼との関係が揺らいでしまえば、もちろん仕事は手につかなくなるし、生きる気力がなくなることもあるでしょう。それでは自分の人生なのに完全に彼に振り回されている状態です。学生の時はまぁいいでしょうが、社会人になってまで彼氏中心の生活はオススメしません。恋愛がうまくいっていないとほかの分野も上手にこなせないなんて「自己管理ができない」と思われてしまいますよ。

■妄想だけで感情を爆発させない
女子の中には妄想が強い人もいるはず。まだハッピーな妄想、例えば『彼からのプロポーズは夜景の見えるレストランがいいなぁ♡』とかならいいのですが、『彼から返信が遅い…絶対に女とどこかへ行ってる…!』などネガティブな妄想を抱き、なんの証拠も無しに彼に怒りの感情をぶつけるのはいただけません。そういう行動をとられるたびに、彼は「私はあなたを信用していません」と言われている気がしてしまします。結果的にその恋は壊れますよ?

被害妄想が強い女子というのは、ある意味自意識過剰というか…視野が狭いというか…。そんなに不安なら彼に聞いたりして事実を確認したほうがいいですよ。いいオトナが妄想だけで感情を爆発させてしまうのはどこか幼稚です。妄想力はあるのに、相手の感情を推し量る想像力が足りないのはちょっと残念です。

■適度な距離感を持つ
どんなに仲が良いといえど、適度な距離感は大事です。学生の頃はいつも彼とベタベタして1日に何十通と連絡のやり取りをした人もいるでしょう。恋愛の場数を踏んだ人ならわかるかもしれませんが、そういう「お互い近づきすぎな恋愛」ってそう長く続かないですよね?近づきすぎな恋愛というのは盛り上がりだけを考えたら楽しいですが、短期恋愛になりがち。もちろん、お互いの相性が良ければ近づきすぎる恋愛でもうまくいくし、結婚までいったりもしますが、多くの場合は早い段階で破局しているような気がします…。どこか、「テンションだけで恋愛している」感じがあるんですよね。

そのため、25歳を超えてサイクルの早い恋愛を繰り返すというのは、ちょっと痛いです。いくら彼と仲が良くても適度な距離は取ったほうがいいかと。じゃないと盲目になりやすいし、生活の中心が恋愛になりやすい。恋愛が崩れたらすべてが崩れてしまうなんて、ちょっとモロすぎませんか?仕事のモチベーションがすべて恋愛に左右されていたら、同僚的にも扱いにくいと思いますよ。

また、ある程度距離があるからこそ「久々に会ったらやっぱり楽しい!」と実感できたり「彼もがんばっているから私も新しいことに挑戦してみよう」といい方向につながったりします。いつも一緒にいたら、「一緒にいないとき」の不安や不機嫌ばかりに振り回されてしまい、お互いの存在の有り難みすら忘れてしまいますよ。

■終わりに
このように見ていくと、社会人になったら恋愛スタンスも学生ノリにならないようにしたほうがいいかもしれません。

先ほど述べた・彼のことが大好きでも彼氏中心にしない・妄想だけで感情を爆発させない・適度な距離感を持つという点を意識して、恋愛に振り回されない生活を送りましょう。そのほうが彼に振り回されず、自分の生活を充実させたまま恋愛もうまくいくと思います。(美佳/ライター)

(ハウコレ編集部)

あなたにおすすめ