佐藤仁美「そろそろ何か起きないかな…」泥酔しても失敗ナシ

ザテレビジョン

2018/11/4 09:50

ゲストの3人が自由気ままにトークする「ボクらの時代」(フジテレビ系)。11月4日の放送回では、片平なぎさ、佐藤仁美、IKKOが登場。酒好きで有名な佐藤のトークから、片平の意外な酒の失敗談が発覚した。

ずっと都心に住んでいたが少し離れた所に引っ越したという佐藤。最初は(繁華街から)離れているので全然飲みに行かなくなったが、友達と飲みに行きたくなり都心まで飲みに行く機会が少しずつ増えて来たという。

しかし、最初は酔っ払って帰る道中が長く怖くて酔えなかったが、一回すごく泥酔した際「行き先で『もし寝てたら起こしてください』と言ってから、またすごく通うようになってしまった」と笑顔を見せる。

IKKOから「泥酔するまで飲んで失敗したことないの?」と聞かれると、佐藤は「ないです」ときっぱり。

片平も「失敗もないからお酒やめられないんだ」と納得すると、佐藤は「バラエティーで最近『お酒の失敗談ありますか?』って言われても何もないので、そろそろ何か起きないかなって思っている」と苦笑い。

これに対し、片平は「私、結構若い頃、お酒強かったのよ」と反応。ドラマの撮影で地方に行った際、撮影時に「みんなにどんぐりちゃんっと呼ばれたの」と回顧。

前日の夜に酔っ払った片平が「私はどんぐり! 私はどんぐりと言いながら回っていって温泉にぼちゃんと落ちたらしい。でも記憶になくて」と照れながら“どんぐりちゃん”と呼ばれた理由を説明する。

これを聞いた佐藤は「地獄(笑)。どんぐりころころをやりたかったんだと思う」と分析していた。

次回「ボクらの時代」は、原晋、武井壮、和田正人が登場。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/168047/

あなたにおすすめ