ユニクロUをワンランク上に着こなす

日刊SPA!

2018/11/4 08:32



エルメスを手がけた経歴を持つ世界最高峰のデザイナー「クリストフ・ルメール」とユニクロとの協業ライン「ユニクロU」。毎シーズン、発売しているこのラインですが、最新秋冬コレクションも人気上々。一部商品の人気サイズはフリマアプリで高騰しているほどです(ユニクロにプレ値がつくなんて……一昔前なら考えられないことですね)。今回は、そんなユニクロUの着こなしと買うべきアイテムをレクチャーしましょう。

◆「休日スーツ」はカジュアルを追加

まずオススメしたいのがStyle1。昨今、メンズでは「休日スーツスタイル」が流行中。これが何しろ楽チンなんですよ。スーツだけに上下はもう決まっているからコーディネートを悩むのが「インナー」と「靴」だけ。でも、シャツや革靴を合わせるとビジネスやパーティウェアになっちゃうので、インナーはTシャツ、靴はスニーカーで決まりです。

ヘタにパーカーやらデニムやらと悩んでコーディネートするよりも上級者っぽく見えるし、選ぶのはインナーと靴だけで考えるのも面倒くさくない。初心者にこそオススメしたいこの「休日スーツ」ですが、今回のユニクロUでもラインアップされています。

今回は12月のクリスマスデートなどを想定して少しフォーマルな装いにしてみました。あまりかしこまった着こなしにすると仕事帰りになってしまうので、シャツではなく白ニット。黒のドレスシューズではなくブラウンのローファーで、少しだけ崩してデートスタイルに。

また、ニットと同素材のスカーフが今回は展開されていますので、それを一巻きすれば一気に格が上がり、ユニクロから新宿伊勢丹メンズ館くらいの印象になります。

◆チェックシャツこそ上品に整える

Style2はチェックシャツです。今年はチェックが流行。アメカジ的なデニムとの組み合わせではなく、スラックスやインナーにニットを合わせたヨーロッパ風味の上品スタイルがオススメです。

カジュアルに寄ってしまいがちなチェックシャツも、着こなしひとつで大人っぽく見えますね。

◆「お父さん着」はツヤ+細身が必須

最後はStyle3。ワークシャツにチノパンという、いかにも「お父さん」なアイテムチョイスですが、ユニクロUで展開されているものは細身でツヤ感のあるものなので、あまりラフすぎる印象になりません。ストールと革靴で味つけすればいっちょあがり。

冬のお出かけスタイルにユニクロU、ぜひ活用してみてください。

撮影/岡戸雅樹 衣装/すべて私物

― MBの最速でおしゃれに見せる方法 ―

【MB】

ファッションバイヤー。メンズファッションの底上げを図るべく各メディアで執筆中。“買って着て書いて”一人三役をこなす。ブログ「Knower Mag現役メンズバイヤーが伝えるオシャレになる方法」。初の著書『最速でおしゃれに見せる方法』はベストセラーに。最新刊『幸服論――人生は服で簡単に変えられる』が発売中!

あなたにおすすめ