柏木由紀と伊藤健太郎が究極の格差恋愛!巨乳棋士とコミュ障童貞のラブストーリー『恋ツミ』始動

テレビドガッチ

2018/11/4 08:00

柏木由紀(AKB48/NGT48)と俳優の伊藤健太郎がW主演を務める新ドラマ『この恋はツミなのか!?』が、MBSで12月2日(日)24時50分より、TBSで12月4日(火)25時28分よりスタートすることがわかった。

同作品は、ビックコミックスペリオールに連載中の鳥島灰人による同名コミックを原作としたもので、冴えない童貞サラリーマンと、年上女流棋士の“詰み”気味の格差恋愛を描くラブコメディ。

伊藤演じる恋愛経験なしでコミュ力もなしのこじらせ童貞サラリーマン・小日向大河(こひなたたいが・24)は、通勤途中のあるアクシデントで、生まれて初めて女性に恋をしてしまう。その相手こそ、柏木演じる童顔巨乳の癒し系美女で、実はプロの将棋指しの駒田多恵(こまだたえ・32)だった。どう考えてもうまく行きそうにない究極の格差恋愛がスタートする。

今回、癒し系のお姉さんという役どころを演じる柏木は、「女流棋士という役柄も実年齢より年上の女性を演じるのも、どちらも初挑戦なので、まずは将棋のことを勉強しながら役作りに挑んでいます」と演技プランを説明。そして、「私が演じる駒田多恵は、将棋で勝負に挑むかっこいい姿と、普段の少し抜けた天然な姿のギャップが大きいので、ぜひそのギャップを楽しんでいただければと思います」とメッセージを伝えた。

また、共演の伊藤に関しても、「伊藤さん演じる大河くんがとてもおもしろい役柄なので、彼の行動にもぜひご注目ください!」とアピール。その一方で伊藤は、柏木との共演を喜びつつ、「セリフ量が膨大なので、毎日必死で現場に臨んでいます」と撮影時の苦労を告白。その上で、「将棋、恋愛、コメディと、たくさんの要素を含んだ作品で、現場では今までにないくらいたくさんのチャレンジをさせていただいているので、ぜひ楽しんで見ていただければうれしいです。将棋、勉強します!」と意気込んだ。

さらに、本作のオープニングテーマを柏木が担当することも決定。ドラマの主題歌を歌うのは柏木にとっても初の挑戦となる。柏木は「ドラマの始まり、そして私が演じるちょっと大人なキャラクターにぴったりな楽曲に仕上がっています。5年ぶりの新曲なので、レコーディングにも気合が入りました! たくさんの方にドラマと合わせて聴いていただきたいです」とコメントを寄せた。

あなたにおすすめ