【新車】トヨタ・ルーミー/タンクの安全装備がアップデート。特別仕様車の「G“Cozy Edition」も設定

clicccar

2018/11/4 08:03


2018年11月1日、トヨタ・ルーミー/タンクが一部改良され、特別仕様車の「G“Cozy Edition(コージーエディション)」が設定されました。なお、ルーミーはトヨタ店とトヨタカローラ店扱い、タンクはトヨペット店とネッツ店扱いになっています。

ダイハツのトールとブランド違いの兄弟車であるトヨタ・ルーミー/タンクは、ダイハツのチーフエンジニアのもと開発された背高系コンパクトといえるモデル。

今回の一部改良では、歩行者も検知対象になった衝突回避支援ブレーキ機能や、夜間での歩行者の早期発見に貢献するオートハイビームなどの衝突回避支援システム「スマートアシストⅢ」の標準化がトピックス(Xをのぞく)。

さらに、前後センサーで障害物を検知し、警告音で知らせるコーナーセンサー(フロント4個/リヤ4個、接近お知らせ表示付)も「X」をのぞき標準装備。

ボディカラーでは、モノトーンにファイアークォーツレッドメタリックを、カスタム専用の2トーンにブラックマイカメタリック×ファイアークォーツレッドメタリック、ブラックマイカメタリック×パールホワイトⅢが新設定されています。あわせて、ウェルキャブ(メーカー完成特装車)においても、ベース車と同様の改良が施されています。

一部改良と同時設定された特別仕様車の「G“Cozy Edition”」は、ルーミー/タンクの「G」をベースに、汚れにくい撥水機能付の専用シート表皮(ファブリック)をはじめ、運転席&助手席シートヒーターとシートバックテーブルからなるコンフォートパッケージ、ナビレディパッケージ(バックカメラ、ステアリングスイッチ)を特別装備。

さらに、内・外装ではメッキバックドアガーニッシュやメッキフロントインサイドドアハンドル、メッキレジスターノブが配されたほか、センタークラスターパネルなど、車内の随所にピアノブラック塗装やシルバー加飾が施されることで、上質なキャビンに仕上げられています。また、ボディカラーには、ファイアークォーツレッドメタリック、プラムブラウンクリスタルマイカを含む全6色が用意されています。

ルーミー、タンクの価格帯は、1,463,400円~2,008,800円。ルーミー、タンクの特別仕様車「G“Cozy Edition”」は2WDが1,730,160円、4WDが1,902,960円です。

(塚田勝弘)

あなたにおすすめ