育休中のライフイメージを瞬時に算出!SNSで話題の『育休シミュレーター』って?

mamaPRESS

2018/11/3 19:00

働くママたちにとって、“出産後いつまで育休を取るか”は大きな問題ですよね。子どもと過ごす時間と収入、そのどちらも大切なだけに、両者を天秤にかけて頭を悩ませているママもきっと多いことでしょう。

実は最近、そんなママたちの助けになってくれそうな画期的なツール『育休シミュレーター』がSNSで話題となっているんです。

『育休シミュレーター』って?


自分であれこれ難しく考えなくても、出産予定日や月収、就労時間や育休期間などを入力するだけで、育休中の収入や子どもと一緒に過ごす時間が瞬時に算出できる! そんな超便利で画期的なツールが『育休シミュレーター』なんです。




このツールを開発したのが、エンジニアであり自身も子育て中のイミー(@13imi)さん。

育児休業給付金の金額や給付タイミングなど、自分で考えるとちょっと面倒に感じることを簡単に算出できるように、また実際にみんなはどんな風に育休を取得しているのかなど、具体例を“見える化”して自分自身も計画しやすくなるように、との目的で開発されたそう。

例えば、“手取り25万円のパパが3ヶ月間の育休を取得した場合”でシミュレーションすると、“手取り額は67.0%になり、子どもと過ごす時間は540時間増える”など具体的な数値となって表示されます。これなら育休中の生活がよりイメージできそうな気がしませんか?

こちらのサイトで実際にシミュレーションすることができます。

できこれ!「育児休業給付金シミュレーター!育休手当や期間の自動計算ツール」

画期的な機能が満載!


『育休シミュレーター』には画期的な機能が満載! 何よりも、今までは面倒だった計算のあれこれを瞬時に算出してもらえるのはとってもありがたいですよね。

ママだけでなくパパも利用でき、育休期間も1ヶ月~2年延長まで選択できるので、保育園に入れなかった場合や、育休を延長した場合など、いろんなパターンでシミュレーションすることができます。

それに、育児休業給付金の額はもちろんのこと、子どもと一緒に過ごす時間がシミュレーションできるのは他にないユニークなポイントなのではないでしょうか。

シミュレーション結果は画像保存でき、ツイート機能などもあるので、パートナーとの情報共有がしやすいというメリットもありますよ。

出産後の生活がイメージしやすい!


このシミュレーターを使うと「育休中の生活の変化がイメージしやすい!」と、SNSでもママ&パパたちの間でさっそく話題になっています。

子どもとの時間を大切に…





育休を10ヶ月取得することで、子どもとの時間が2000時間増えると算出されたこちらのママ。実際に数字として目にすることで、この時間を有意義なものにしたい!という気持ちも強くなりそうです。

将来の計画にも役立つ!





まだ子どもはいないけど、将来的には欲しいと思っている人にもおすすめ。必ずしも希望通りに妊娠・出産とはいかないとはいえ、将来のライフプランを設計する上では大いに役立ちそうです。

育休中の生活って、実際に始まってみるまではほぼ未知の世界に等しいもの。不安や心配もたくさんある中で、具体的な数値を算出してくれる『育休シミュレーター』はとても心強いツールになってくれそうです。

これから育休というママはもちろん、将来的に育休を取得しようと思っている方も、参考までに一度シミュレーションしてみてはいかがですか?

PHOTO/Syda Productions/shutterstock

参照/

できこれ!「育児休業給付金シミュレーター!育休手当や期間の自動計算ツール」

あなたにおすすめ