オーケストラのプロの指揮者になる方法は、指揮者自身もよくわからない?


「どうやって指揮者になったのですか?」

こう聞かれると、「また、この質問か」と思います。うんざりするということではなく、少し困ってしまう質問なのです。

僕のケースとしては、子供の時にピアノを習っていたけれど、たいしてまじめに取り組んではいませんでした。しかし、なぜかオーケストラを聴くと興奮していました。中学生くらいから急に指揮者になりたくなり、高校に入ってから必死で勉強して、音楽大学に入って、卒業後にコンクールで受賞したことがきっかけで、英ロンドンのマネージメントに所属し、同時に日本の音楽事務所にもお世話になり始めて、米ロサンゼルス、フィンランド、日本のオーケストラのポジションを経験しながら、いろいろな国々のオーケストラを指揮してきました。

このように経緯は言えるけれども、「じゃあ、それが指揮者になるための道筋か?」と簡単に納得されても困るわけです。オーケストラの楽員やソリスト、歌手の人生も単純ではないとは思いますが、彼らと指揮者で絶対的に違うのは、自分で音を出せないということです。楽器奏者や歌手は自分で演奏して実力をアピールできますが、指揮者はオーケストラを指揮しない限りは実力を証明できません。

「じゃあ、オーケストラを指揮すればいいじゃないか」と、簡単に仰られるかもしれません。しかし、オーケストラを指揮するというのは、数日間のリハーサル、そして大事なコンサートのすべてを任されるということですので、オーケストラとしては、しっかりと信用できる指揮者に依頼します。しかしながら、オーケストラを指揮したことのない“指揮者の卵”には、そもそも信頼自体がありませんので、指揮をさせてもらえません。そんなどうしようもない状況から、すべての指揮者はスタートします。しかも、集客効果などと言われてしまえば、そもそも指揮者として世の中に出ていないわけですから、まったくお手上げとなります。

コンクールで賞を取り、手っ取り早くチャンスをつかむことも、方法のひとつです。「受賞者」ということで話題性があるので、指揮をさせてくれるオーケストラも出てきます。これは本当にありがたいです。しかし、だからといって、一回指揮をする機会をもらうだけで、次の機会があるかどうかはわかりません。コンクールで賞を取っても、少し名前が広まるだけで、「指揮者になった」といえるほどではありません。幸運にも、少しずつ仕事が増えて行く中でガムシャラにがんばっていたら、いつの間にか“指揮者になっていた”というほうが的を射ていると思います。

●指揮者になるための道筋

実は、コンクールで賞を取る以外にも指揮者になる道はあります。ヨーロッパでの話になりますが、指揮を勉強しながら、ピアノを必死で練習して、オペラ劇場に練習用ピアニストとして雇ってもらう方法です。劇場の中では、歌手に練習をつけたり、時にはリハーサルを指揮したり、現場でオペラを覚えていきます。つまりは、現場で丁稚奉公をするわけです。それをずっと続けて行くなかで、運良く「一度、指揮を振ってみるか?」と、簡単なオペラの指揮を任されたりするのです。そこで、周りをうならせるような指揮を振ることができたら、もう少し本格的なオペラを指揮する機会を与えられます。そうやって、頭角を現していきます。するとその後、オペラ劇場の音楽監督になったり、オーケストラからも指揮を依頼され始めていきます。昔はコンクールなどなかったので、これこそ王道と呼べるのかもしれません。実際に、こうやって指揮者となって後年、世界的な活動をしている指揮者もたくさんいます。

一方、アメリカにはオペラ劇場が少ないので、オーケストラの副指揮者オーディションに合格して、そこで修業を積むという方法があります。僕も、ロサンゼルス・フィルハーモニックの副指揮者を3年間務めたので、コンクールとアメリカの副指揮者経験によって、今の自分があるといえます。

これ以外にも、著名な指揮教師が、才能ある生徒をオーケストラに推薦することもあります。これまでにたくさんの実力ある指揮者を輩出してきた指揮教師に対する信用をもって、オーケストラは若手起用の“賭け”に出るわけです。

オーケストラにとっても、今、活躍している指揮者でもいつかは年を取ってしまうわけで、新しい指揮者を探さなくてはならないことはよくわかっています。しかし、まったく未知の指揮者を起用するだけでなく、相手はまったく経験がないという事情を勘案すると、僕がオーケストラマネージャーなら、まず躊躇するでしょう。ほかのオーケストラを指揮した評判を、まずは聞きたいところです。とはいえ、これからデビューする指揮者はコンサートを指揮したことがないわけで、そもそも評判なんてありません。僕も、自分が指揮者になれたことは、あらためて考えてみると不思議です。

ほかにも、オーケストラのコンサートマスターが指揮者になったり、有名なピアニストが「前半は協奏曲を弾く代わりに、後半は指揮をさせてほしい」と言ったりして、指揮者になっていく場合もあります。「世界三大テノール」のひとりとしてお馴染みのプラシド・ドミンゴが全盛のころは、「オペラ劇場で2回歌うから、1度指揮をする」という契約を、至る所で結んでいました。しかし、この方法は誰でも取れるわけではありません。まずは自分の専門楽器で一角の演奏家になるだけでも、至難の業なのですから。

さて、指揮者になれたとして、それからがまた大変なのですが、それはいずれ別の機会に書かせていただくことにします。ちなみに、本連載の第1回目『指揮者ほど最高の職業はない!オーケストラ楽員との丁々発止の後の演奏は病みつき』でも少し触れています。合わせてご一読いただければ幸いです。
(文=篠崎靖男/指揮者)

あなたにおすすめ