エビ中 秋のワンマンツアースタート、初の ”日直制度” を導入

dwango.jp news

2018/11/3 23:06


私立恵比寿中学(エビ中)が、11月3日(土・祝) <神奈川県・カルッツかわさき>を皮切りに、秋ツアー「私立恵比寿中学秋のツアー2018~9年目、義務教育からの卒業~」をスタートさせた。

3年前にスタートした秋ツアーは、コンセプチュアルな春ツアーと異なり自由な雰囲気を楽しんでもらおうと企画され、昨年からは公演ごとにセットリストも完全シャッフルする趣向でファンを楽しませている。今回のツアーでは、新たに“日直制度”を導入。全6公演のこのツアーを、メンバー6人がそれぞれ担当することになっており、初日は小林歌穂(出席番号11番)がつとめた。



最初のMCで「秋のツアー初日、この大事な今日の日直は、私、小林歌穂です。この秋ツアーは、各公演を担当する日直制度をとっていて、来年の私立恵比寿中学開校10周年に向けて、義務教育からの卒業、私立恵比寿中学一人ひとりの推進力を促進していく公演になっています」と説明。コントや小芝居を交えた、随所に小林カラーを感じさせる内容が盛り込まれた。

ライブ本編が終了したところで、「実はこの公演は、演出担当の先生が考える理想のセットリストのところどころが空欄になっており、その穴埋めとなる楽曲を日直が回答(考案)する」(安本彩花)という“日直制度”のメインテーマが明かされ、小林が回答した楽曲が演出の先生とどのように異なり、それぞれがどのような思いを込めて選曲したかが解説され、ファンは“答え合わせ”を楽しんだ。

残り5公演もそれぞれのメンバーが “日直”を担当することになっており、12月1日(土)<福井:越前市文化センター(※SOLD OUT)>のファイナルまで、それぞれ各メンバーの演出が期待される。また、小林歌穂主演の連続ドラマ『また来てマチ子の、恋はもうたくさんよ』の主題歌として起用された「日記」が、この日から会場先行シングルとして発売開始となっている。

あなたにおすすめ