何度も抱いてるくせに…関係を曖昧にしたがる「ずるい男」の特徴【沙木貴咲の公開相談】

ananweb

2018/11/3 20:30

曖昧な関係の彼。「私たち、付き合ってるの?」と聞いてもはぐらかされるのは、どうして? 好きな人の本音がわからず悩む26歳女子に、恋愛メンタルアドバイザーがお答えします。
文・沙木貴咲

お悩み8:ほとんど恋人同士なのに、彼に核心を突く質問をするとはぐらかされます。


5歳年上の職場の先輩とほぼ恋人同士のような関係になっています。もともとは彼が元カノにフラれて、その愚痴を聞いていたのですが、私はずっと前から好きでした。最初はセフレ扱いされているのかと心配したのですが、彼は私が他の同僚(男)とランチに行くだけでも嫉妬します。休日は一緒にいたがるし、LINEもマメです。元カノに未練はまだあるようですが、元サヤを狙っているふうでもなく、他に好きな人がいるようにも見えません(私とずっと一緒にいるので、浮気する時間がない)。だから、「私たち、付き合ってるんだよね?」と聞くんですが、「好きな人いないの?」と質問で返されたり、別の部署の上司のことを「カッコイイよね」とすすめてきたりします。「好き」と言われたことがないので、彼の本音がわかりません。(あかり/26歳)

■ 可能性1:キープされているのかも?

彼については、2パターンの可能性が考えられます。1つは、あまり良くない可能性で申し訳ないのですが、「キープされている」ということ。あかりさんのことは嫌いじゃないけど、本命彼女に見るための決定打が見つけられないのかもしれません。

ただ、嫉妬は恋愛感情がないと湧き上がらない感情なので、完全に遊ばれているわけではなさそうです。そのため、この場合の彼の本音は、「ほかに好きな人ができるまでは、キープしておこう」あるいは、「あかりさんに好きな人ができるまでは仲良くしたい」になると思います。

■ 可能性2:気まずさから「好き」と言えない

2つ目のパターンは、「本気で好きだけど、今さら告白するのは気まずい」というもの。これは性格から判断できますが、彼が大人の恋愛に告白は要らない派だったり、女性に甘い言葉を言うのが苦手だったりすれば、何となくの流れで付き合う恋がしっくりくるはず。

また、他人に手のうちを見せるのが嫌いで、つねに相手の優位に立ちたいタイプも、なかなか本音を言わないでしょう。ただの恥ずかしがり屋であれば、催促すると赤面しながらも「好き」と言うかもしれません。でも自尊心が高い男性は、自分の本音をさらけ出すと負けという、独特な感覚を持つので甘いセリフはめったに言わないんです。奥手でお堅い男性も、自分の恋心を、まるで他人事のように語ることがしばしばあります。

彼がこうしたタイプであれば、はぐらかすようなことを言っても、あかりさんを本気で好きな可能性は高いですよ。本音が読みづらい点は厄介ですが、心配する必要はありません。

■ 今の彼はズルい。おいしいとこ取りをしているだけ

たとえ本気で好きだとしても、今の彼がズルいのは間違いないでしょう。あかりさんがいることで失恋の寂しさは紛れて、性的欲求も満たされるわけですから、まさに『いいとこ取り』状態。イヤな言い方になって申し訳ないのですが、『彼にとって都合の良い関係』なんですね。

現状を長く続けてもあかりさんが不安になるだけ。彼の本心を知ることは、やっぱり大事だと思いますよ。たとえば、彼がすすめるという上司を褒めて、「今度食事に誘ってみようかな」と言った時、どういうリアクションをするのか見たり。しばらく二人きりで会うのを避けて、エッチもしないようにするとか。あるいは、「曖昧な関係のままはイヤだから」と、真剣に話し合いをするのも良いかもしれません。

もし、彼が残念ながら本気じゃなかった場合、本音をハッキリさせるとお二人の関係は壊れる可能性があります。ですので、現状はあかりさんにとっても『都合が良い』ところがありますが、中途半端なまま好きな人と一緒にいても、心がいずれ疲れ果ててしまうはず。

彼が本気じゃないとしても、それがわかった時点で「本気にさせる!」と決意できれば、お二人の未来はまだ明るいかもしれません。逆に、キープされていたと気づいて気持ちが冷めるのなら、彼とはきっぱりサヨナラできるでしょう。

■ 結論

・可能性は2つ。「キープされている」or「本音を言いたくない」・現状を長く続けるのはNG!・どんな方法を使っても、彼の本音を知ること

彼の本音を探る時は、いくつかの返事を事前に想定して、シミュレーションしてみると良いですよ。そうすれば、結論は出やすくなり、自分の気持ちも整理しやすくなります。

■ ご相談お待ちしています!

恋愛や結婚のご相談を募集しています!沙木貴咲のツイッターにダイレクトメールを送るか、あるいは、以下アドレスまでメールで送ってください。

アドレス:oka.saki.oka@gmail.com

生年月日やお名前を教えてくださる場合、占い鑑定もいたします。お気軽にご相談ください!

(C)Mixmike/Gettyimages(C)inhauscreative/Gettyimages

あなたにおすすめ