オフィスワーカーを応援!見た目も味も◎な「スローカロリースイーツ」

Life & Beauty Report

2018/11/3 21:00


仕事中、ちょっと一息つきたいときや、疲れを感じたとき、お菓子をつまみたくなることってありますよね。

実は近年、健康的なワークスタイルへの関心の高まりにより、職場で食べるお菓子においても、罪悪感のないもの(ギルトフリースイーツ)への関心やニーズが高まっているのだとか。

sub1

こうしたオフィスワーカーに向けて、“働く人を応援する”をコンセプトとした「スローカロリースイーツ」が、高島屋・三井製糖・三井不動産の3社のコラボレーションによって誕生しました。

「スローカロリースイーツ」って?

スローカロリーとは、「ゆっくり、カロリーになる」という造語。

「食べ物をゆっくり吸収する」という、カロリーの量ではなく質に注目した考え方なのだそうです。

スローカロリースイーツに使われているのは、植物由来の糖質「パラチノース」。

てんさい由来のお砂糖から酵素の力でつくられた糖質で、ゆっくりと吸収される特長があり、体に負担がかかりにくいとされています。てんさいが原料ということもあり、甘味もしっかり感じられますよ。

20181102gokigen

今回発売されたスイーツは、高島屋と三井製糖の共同開発するスイーツコレクション「スローカロリー倶楽部」に、三井不動産のオフィス事業『三井のオフィス』が協力してつくられたもの。実際に『三井のオフィス』で働く人の声をもとに開発されたのだそうです。

仕事中でも食べやすいひとくちサイズのスイーツのほか、帰宅後にゆっくりと楽しみたいご褒美スイーツまで幅広い種類の商品が展開されています。

おすすめスローカロリースイーツ5選

「健康的に、おいしく糖質を楽しんでいただきたい」という想いから開発された全16ブランド21種類のコラボスイーツの中から、おすすめ商品をご紹介します!

働く人のmorning CRUNCH/メリーチョコレート×『三井のオフィス』

CIMG6710

8個入 600円(税抜)

砕いたゴーフレットとアーモンドに、玄米とキヌアのパフを混ぜたクランチチョコ。栄養バランスにも配慮してつくられており、噛み応えがあるので満足感も持続します。仕事スイッチを入れるスイーツとして、忙しい方の朝食代わりにもおすすめです。

取り扱い店舗:日本橋/新宿/玉川/立川/横浜/港南台/大宮/柏/高崎/大阪/堺/泉北/京都/岐阜/岡山フードメゾン/米子

米粉のココアサブレ/サブレヤ

CIMG6705

9個入 500円(税抜)

小腹が空いたときにもぴったりな、ほろほろとした食感でやさしい味わいのサブレ。米粉でつくられたココアサブレのほか、全粒粉でつくられたアーモンドサブレも販売されています。サブレヤの店舗は現在、日本橋高島屋のみ。ちょっとレアなスイーツなので、手土産にしても喜ばれそうです。

取り扱い店舗:日本橋

果実風味琥珀糖 ゆめ恋し/御朱印

IMG_0030

12粒入 900円(税抜)

透け感がとても美しいこちらは、メロン、レモン、オレンジ、ブルーベリー、イチゴなどのフルーツ風味の寒天を砂糖で包み込んだ創作和菓子。ひとくちサイズで手も汚れにくいので、仕事中のおやつにもぴったり。女子ウケしそうなかわいい色合いも目を引きます。

取り扱い店舗:日本橋

有平糖(紅葉・銀杏)/鶴屋吉信

CIMG6699

5本入 550円(税抜)

京の紅葉をイメージしたというこちらは、片手で上品に食べられるスティック状の有平糖(ありへいとう)。カラフルなストライプ模様が美しいだけでなく、パッケージも薄くてかさばらないので、プレゼントにもおすすめです。

取り扱い店舗:日本橋/新宿/玉川/横浜/柏/大阪/京都

よろこび/塩瀬総本家

CIMG6693

バラ×3個・クローバー×2個入 900円

ひとくちサイズのかわいらしい見た目が印象的なこちらは、薯蕷(じょうよ)饅頭と呼ばれるもの。山芋を生地に練りこんでつくられた、上品な味わいのお饅頭(こしあん)です。仕事後に自宅でゆっくりスイーツを楽しみたいときにもおすすめです。

取り扱い店舗:日本橋

ヘルシーなだけでなく、きちんとおいしいスローカロリースイーツは、今後も注目されること間違いなし。今回ご紹介した、高島屋×三井製糖×三井不動産のコラボスイーツは、2018年11月30日までの展開です。気になる方は、ぜひ高島屋各店へ足を運んでみてくださいね。

※価格はすべて編集部調べ

(ごきげん手帖編集部)

【参考】
※【高島屋×三井製糖×三井不動産】“スローカロリーなスイーツ”の新たなコラボレート 働く人を応援するスイーツが誕生! – PR TIMES

あなたにおすすめ