これはスゴい! 日本人シェフの店がイギリスのグルメガイドで『魚が最強にウマい店』に選出

しらべぇ

2018/11/3 20:00


(©ニュースサイトしらべぇ)

イギリス料理といえば、日本人が思いつくのはフィッシュアンドチップスや、ウナギのゼリー寄せ、魚が飛び出たパイなど…。

正直言って、あまり美味しくないイメージが強い。だが、最近のイギリス料理はぐんぐんレベルが上がっていることをご存知だろうか?

■レベルの上がり続けるイギリス料理


(©ニュースサイトしらべぇ)

それはここ数年のことで、世界中のシェフがイギリスの首都・ロンドンに集まるようになり、世界中の料理が食べられるようになっただけではなく、イギリス料理自体のクオリティも上がっているらしい。

それを教えてくれたのは、ロンドンでいま一番アツい魚料理店と言っても過言ではない超人気ビストロ『Parsons』でシェフを務める、石川氏。通称・石川ゴエモン。

■イギリスのグルメをうならせる日本人シェフ


(©ニュースサイトしらべぇ)

Parsonsはフランスでいうミシュラン、アメリカでいうザガットのようなイギリスのグルメガイド『Harden’s』で、2018年Best for Fish & Seafoodに選出。

日本人の石川シェフが作る魚料理が、イギリスのグルメたちの舌をうならせたというワケだ。だが、石川シェフいわく現在のレベルにするには、相当な苦労があったとのこと。

■魚の処理をイギリスの漁師に伝授


(©ニュースサイトしらべぇ)

とくに大変だったこととしては、やはり日本の魚とくらべ、イギリスの魚市場に並ぶ魚は鮮度など品質でかなり劣る状態だった。

それをイギリスの港町・コーンウォールの漁師に魚のしめ方など処理の方法を伝え、石川シェフの店と提携することで日本と変わらない品質の魚を提供できるようになったそうだ。

石川シェフが苦労して素材からこだわった魚料理はどれだけ美味しいのか? 壁に本日のおススメが書いてあったので、ひととおり注文して食べてみることに。

■マイワシのグリル


(©ニュースサイトしらべぇ)

ひと皿めの『イワシのグリル』は、シンプルにマイワシを焼いたものだが、臭みがまったくなく、日本のイワシの塩焼きに通じるものを感じた。

状態の悪いイワシでここまでシンプルな調理法をした場合匂いがキツく食べられたものではないが、日本と変わらない鮮度保持の処理をしているからこそ作れるものだろう。

■カタクチイワシのフライ


(©ニュースサイトしらべぇ)

2皿めの『カタクチイワシのフライ』は、石川シェフ特製のハニーマヨネーズが添えられている。新鮮なカタクチイワシをカリッと揚げたものは、ハニーマヨネーズとの相性バツグンだ。

やはり質のいい魚を使っているので、余計な味付けは必要ないのだろう。良い素材には、多くのスパイスや調味料は不要だということがわかる。

■根菜のサラダ


(©ニュースサイトしらべぇ)

3皿めの『根菜サラダ』も、見た目は美しいながら自然な甘みを感じられる素晴らしい一皿。添えられたバターナッツのペーストには、なんと日本のかぼちゃの煮つけに使う味付けをしているそうだ。それで懐かしい味がしたのか…。

ちなみに、その味付けは最初オーナーに大反対されたそうだが、石川シェフがこっそり出し続けて大評判になったので、なにも言えなくなったとのこと(笑)。

■同じ日本人として嬉しいかぎり


先日取材した、ロンドンの魚屋を大人気の店にした日本人女性もそうだが、遠い異国の地で日本人が勤める店が大繁盛するのは同じ日本人として非常に嬉しいこと。

まだまだ間違った日本食ばかりの海外で、本当に美味しい日本の食を広めてくれる彼らには、これからもぜひ頑張ってほしいものだ。

・合わせて読みたい→「イギリスを徘徊するゾンビ」に烏龍茶を飲んでもらった結果がスゴい

(取材・文/しらべぇ編集部・熊田熊男

あなたにおすすめ