『ゲーム・オブ・スローンズ』プロデューサー、「最終章はストーリーが頭からひっくり返る」と語る

海外ドラマNAVI

2018/11/3 19:00

2019年に放送開始される第八章にてファイナルを迎える大河ファンタジードラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』(以下『GOT』)。本シリーズでプロデューサーを務め、シーズン1から脚本も手掛けているブライアン・コグマンが、ファイナルシーズンはシリーズがひっくり返るような展開になると語った。米TV Lineなど複数のメディアが報じている。

【関連記事】『ゲーム・オブ・スローンズ』は今後こうなる!?諸説の数々をレッツ検証!

コグマンは、米Entertainment Weeklyのインタビューで以下のように答えた。「今まで登場した様々なキャラクターたちが、共通の敵を前に自分達の過去に向き合い、死をものともせず、どのような人間でありたいのか決意するという点に重点が置かれている。信じられないくらい感情的で、恐ろしく、そしてほろ苦いシーズンになるだろう。おそらく、原作(「氷と炎の歌」の作者ジョージ・R・R・マーティン)が描こうとしているストーリーに敬意を表するようなものになると思うよ。頭からストーリーがひっくり返るような展開になるだろうね」

第一章から第六章まではすべて10話構成、第七章は7話構成だったが、最終章はさらに少ない6話構成となる。だが、話数は少ないといっても、撮影は10ヶ月かかっており、ジョン・スノウを演じてきたキット・ハリントンは、「以前は1日かけて撮影していたものを、今は5日かけてやっているんだよ。みんな、最高のものを作ろうとしているんだ。色んな方向から同じシーンを撮影しているんだよ。その後の編集でどのカットを使うか選択肢が沢山あるようにね」と、ファイナルシーズンがいかに力を入れて製作されているかが伝わるエピソードを明かしてくれた。

ひっくり返るというほどのストーリーと入念に撮影された第八章。どのような結末を迎えるのか気になるところだ。『ゲーム・オブ・スローンズ』第八章は、2019年に米HBOにて2019年上半期に放送開始予定。(海外ドラマNAVI)

Photo:『ゲーム・オブ・スローンズ』
(C)2017 Home Box Office, Inc. All rights reserved. HBO® and all related programs are the property of Home Box Office, Inc.

あなたにおすすめ