TikTokの今日好き動画で話題の足立佳奈、キムチの次は恋を歌う

UtaTen

2018/11/3 17:01

シンガーソングライターの足立佳奈が10月17日に、1stAlbum『Yeah!Yeah!』をリリース!これまで元気いっぱいの応援歌を歌唱してきた彼女ですが、今作には、“恋”を応援する曲などがたっぷり詰め込まれています!少し大人になった足立佳奈に、現在の心境とパーソナルな部分をお話しいただきました!

ページの最後には、プレゼント応募もあるので要チェック!!


>>【写真】足立佳奈のキュートな撮り下ろし写真をもっと見る!<<

あの“キムチ”から1年、足立の想いは…



――ファーストアルバムのリリース、おめでとうございます!

足立佳奈:ありがとうございます!

――アルバムもリリースされて、いろんな反応も受けているわけですね。皆さんの反応はいかがですか?

足立佳奈:皆、どの曲も表情が違うと言ってくれるのが嬉しいです。全部同じ歌に聴こえるというコメントじゃなくて。全部違う“佳奈ちゃんが見れたよ”という反応が嬉しいです。

――デビューから1年ちょっと経ったんですね。そこそこな頻度でお会いできているので、もっと長いような気がしていました(笑)。

足立佳奈:私もすごく長い気がしますが、まだ1年です。

――1年を迎えて足立さんの中に一番にある想いは?

足立佳奈:頑張らないとな!という感じです。やっぱり、初めてじゃないぶんいろんな初めてを失いつつあるので。初々しさだけじゃやっていられない感じもあるなと思います。

――初々しさだけじゃやっていられない。今作は新曲が4曲入っていますが、そういう思いも反映されているんですか?

足立佳奈:今まで応援ソングで、ラブソングをそんなに歌ってこなかったんですけど。
エールを広い意味で捉えたときに、恋愛を頑張っている人に向けたエールも、エールのうちに入るんだなということで。今回は、ラブソング、片思いソングを入れさせていただきました。

――『あの日に戻れるなら…』ですよね。

足立佳奈:はい。

――新曲については、後ほど詳しく伺っていきたいと思うのですけれど。今回、デビュー曲『ココロハレテ』でアルバムが始まって、同じくデビュー曲の『笑顔の作り方~キムチ~』で終わるんですよね。今回のアルバム制作で改めてじっくりと過去の作品を聴く機会があったと思うのですけれど、その感触はいかがでしたか?自分の中で成長したなという感じとか。

足立佳奈:声質がちょっと変わったなというイメージはあります。

――大人っぽくなった?

足立佳奈:はい。

チャットモンチー高橋の作詞曲


――まず、『この夕日は誰かの朝日なんだ』について。この曲は歌詞も詩的というか。

足立佳奈:伝えられないというか、別のところへ行ってしまった彼だけど。そんな過去に引っ張られず、ちゃんと明日に向かって頑張ろうという。やや前向きな歌詞ではあると思います。

――好きな人を太陽に例えるのは恋をしている上ではわかる表現なんですけど、曲の主人公のように、自分が切ないときに相手のことを太陽に例えられるってすごいなと思ったんです。自分にとっては夕日なのに誰かの朝日っていう表現は、主人公にとっては勇気のいることなんじゃないかと。

足立佳奈:たしかにそうですね。そんなに明るく例えられない。元チャットモンチーのドラムの高橋久美子さんが作詞してくださったんです。

――最初に受け取った印象はいかがでしたか?

足立佳奈:本当に詞だなあ、と。お勉強させていただきました。

――作詞の新井さんという方は?

足立佳奈:DISH//というグループのプロデュースをされている方で。私のリリースイベントや学祭、ワンマンライブなどで、ギターを弾いてくださっています。

――じゃあ、新井さんとは割と会う機会も多くてお互いを知り合っている仲なんですね。

足立佳奈:はい。

一つの恋が終わったときはどうする?



――私がこの曲の中で気になった歌詞は「あなたの幸せ願えるほどいい子にはなれないよ」というワードだったのですが、足立さんは一つの恋が終わったとき、相手に対してどういう感情を持つことが多いですか?

足立佳奈:私は憎んだりはせず、“これからも友達でいたい”で終わるタイプです。

――友達で終われるように綺麗な別れ方をされるんですね。

足立佳奈:そうですね。常に誰からも愛されたいという欲があるんだと思うんですけど。そんなひどい感じには終わりたくないです。

――なるほど。喧嘩別れみたいなことは、今までしたことはないですか?!

足立佳奈:ないですね!

――恋愛の神様ですね(笑)。

足立佳奈:いや、まず、そんなに恋愛をしたことがないという(笑)。

――サビの最後の「思い出が ひらり」とか「面影が ゆらり」って歌詞がめちゃくちゃ美しいなと思いました。「ゆらり ゆらり」と同じ言葉を繰り返すって、意外と難しいという話をよく聞くのですが、歌うときに意識されたことはありますか?

足立佳奈:いろんな気持ちに揺らいでいたり、その人が見ている今の情景が揺らいでいたり。いろんなことを想像して歌いました。意外と楽しかったです。

――いろんなゆらりを皆にも感じながら聴いてほしいですね。では、『この夕日は誰かの朝日なんだ』から、足立さんが一番好きなフレーズをお選びいただいて、お話を聞かせてください。

足立佳奈:「雨音が 涙とシンフォニーのように」って歌詞について高橋さんにどういう意味ですか?と聞いたんですけど、悲しさもあるけど、“雨の音も全てを前向きに捉えたり、自分の涙とともに奏でている音楽というふうに捉えられる。”って教えていただいて、そのロマンチックな感じがすごく良いと思います。

――素敵ですよね。

足立佳奈:いろんな方に「どの曲が良かったですか?」と聞くと、目上の方はこの曲がすごく良いと言ってくださいます。というのはたぶん、いろんな歌詞を読んで想像してくださっているんだなって。
若い子はどちらかというと、ストレートな表現の歌詞のほうが分かりやすいんだなということを最近感じています。

吉沢亮が好き…?



――続いて『You Your Yours』です。You Your Yoursなんて言葉を発したのは中学生以来です(笑)、英語の授業でありましたよね!?

足立佳奈:I my me mineとか(笑)

――そうそう(笑)かわいいタイトルですね。これは、新井さんが作詞もされているんですね。

足立佳奈:デビューしてから約1年、新井さんと一緒に過ごさせていただいて。新井さんが私になりきったという。私らしさを引き立たせるものを作ってくださいました。

――分かります!足立さんのイメージ通りというか。

足立佳奈:嬉しい!ありがとうございます。

――足立さんのことをよく知っていらっしゃる方が書いた歌詞なんですね。曲の最初に入っている「はぁ」ってため息のようなところがすごく可愛かったです!レコーディングのときはどんな感じだったんですか?

足立佳奈:照れながらでした(笑)。「これ、あってますか~?」とかって言いながら。

――実際、この歌詞で書かれているような恋愛をしたときのモチベーションや気持ちみたいな部分は、足立さんに近いですか?

足立佳奈:まさに大学の友達と話すことだなと。例えば、「この俳優さんはめちゃくちゃかっこいいよね!」とか、「もしこの人とデートできるならどうする?」とか、「一緒にいられるなら何をしたい?」とか、くだらない日常の会話なんですけど。それが本当にぎゅっと。

――年をとって擦れてくると現実しか見なくなってきちゃうから(笑)、すごく良いなぁと思います。妄想して楽しくなるのって良いですよね。

足立佳奈:はい(笑)。これを好きな人に会う前に聴いてほしいです。「好きで好きで好きで」って聴きながら待ち合わせ場所向かって、その人がいると、“ほんと好きっ!”ってなると思います(笑)!

――かわいいなあ…(笑)。「勘違いがたまに羨ましい」って歌詞の部分では、ガラッとメロディーが変わって急に、思いの丈をバーッと吐き出す感じがありますよね。表情をつけられた部分だったと思うのですが、レコーディングはいかがでしたか?

足立佳奈:本当に目の前に想像している人を置いて歌うというのをすごく意識しました。

――今、好きな人がいるんですか?!

足立佳奈:好きな人はいませんけど、憧れている俳優さんがいます。私、最近、吉沢亮さんがすごくかっこいいなと思っていて。それこそ大学の友達と話しているような(笑)。

――おぉ!可愛らしいエピソードをありがとうございました。では、この曲からも足立さんのお気に入りの歌詞をご紹介お願いします。

足立佳奈:「君を好きで好きな気持ちは誰にだって負けない」という最後のサビの頭が良いなって。ちょっと音楽が静かになって落ちサビみたいな感じになるんですけど、ここはキュンとくるなと。好きなことを好きと言えないけど、誰にも負けないという女の子のかわいらしさ、強さがあるなと思います。

――ちょっとうじうじしていたけど、この落ちサビで急に決心するかのように強くなる感じが良いですね。

足立佳奈:はい。

作詞作曲の『あの日に戻れるなら…』


――では、足立さんが作詞作曲をした『あの日に戻れるなら…』のお話に移りたいと思います。これは、静かな終わりを感じさせるメロディーですね。このアレンジのイメージは足立さんの中に最初からあったんですか?

足立佳奈:そうですね。いろんな後悔が続くんです。まずはじめに、サビの「素直になれれば 私は 良かったかな」という歌詞を思いついて。本当に私って、まずお母さんに対してひどいんですよ。その思いを歌だから素直になれる、向き合える部分もあって、お母さんに向けて書きました。

でも書いていたら、お母さんだけじゃないなと思って。今まで、前に好きだった人のこととか、友達のこととか。友達だと、当たり前の存在すぎて、「今日はありがとう」が言えなかったとか。そういう本当に些細なこと後悔が重なってきて1曲に仕上がりました。
だから、素直になれないもどかしさをぎゅっと詰めた曲かな。


1stアルバム『Yeah!Yeah!』

――なるほど。恋愛の曲に聞こえがちだと思いましたが、足立さんはそれに限定はしていないんですね。

足立佳奈:そうですね。でも、恋愛の部分もあれば、お母さんの部分もあれば、友達の部分もあるので。三つの要素が自分の中であって。受け取る方次第でどんな捉え方にもできるかなと思います。

――今回はいろんな後悔を1曲にされたということですけど、例えば、お母さんに歌っているのは、特にどの歌詞の部分なんですか?

足立佳奈:2番です。

――ああ!!時計なくしちゃったんですか?!

足立佳奈:はい。しかも何も言わずに、めっちゃ高そうな時計を…。昔、ママが誰かからもらった時計を私が学校にしていったんですけど、気づいたらなくて。その時は「ま、いっか!」って思ったんですけど、この間ママにそれを言ったら、「なんてことしてくれるの!」と怒っていました。

――お母さんにはよく怒られます?

足立佳奈:もう毎日。

――こうやって曲を書くときに自分の気持ちと改めて向き合うじゃないですか。そうすると、お母さんとの関わり方みたいなのって変わってきたりしますか?

足立佳奈:ぜんぜん変わらないです。それで発散しちゃうというか。解決したと思っちゃうので。行動に移さず、音楽だけで終わっちゃう。

――なるほど。お母さんは足立さんの曲を聴いて、曲について話したりとかされるんですか?

足立佳奈:いや。極力そういう話はしないんです。喧嘩になっちゃうので…。でも、お兄ちゃんには「お前、素直になれよ」って言われました。この「素直になれれば 私は」っていう歌詞をギターを弾きながら、家で歌っていたら、「それはおかしいだろ。行動で示せ。」って(笑)。

――(笑)でも、お母さんも自分に歌ってるのかなって思いながら聴いているのかな。

足立佳奈:そうだと思います。それは言ったので!

――言ったんですね!その時のお母さんの反応は?

足立佳奈:「また嘘ばっかり」って。

――それはきっと照れてる!(笑)

足立佳奈:この間も「いい加減、嘘はやめなよ」と。嘘じゃないし…。

喧嘩したら次の日に解決!


――でも素敵な関係ですね。これは今話してきた部分でもあるんですけれど、「言葉でしか伝わらない 分かってたのに」と書かれているじゃないですか。本当にそうだなと思うんですけど、やっぱり言葉にするのって難しいじゃないですか。

思っていることを言葉にしすぎるのも良くないし…。足立さんが人間関係において、言葉の在り方みたいなところで大事にしていることはありますか?


足立佳奈:私も上手じゃないのであれなんですけど。もし、一番親しい人だったら、その日のうちというよりは、次の日に解決しようと思います。もし何かあって、ギクシャクしちゃったら。

親しくなければたぶん、自分の思いを押し付けるというのも、それを分かってもらうのは難しいと思うので。あまり発言はしません。受け身になる感じですね。

――次の日に解決っていうところが大事かもしれないですね、冷静になったところで。

足立佳奈:1日おいてしまったからこそ、修復不可能なときもあると思いますけど。でも、やっぱり、自分も納得していない状態、飲み込めていない状態で、次に進もうとしても、結局良いものは生まれないというか。

――そうですね、ありがとうございました。ではこの歌詞からもお気に入りのフレーズを教えてください。

足立佳奈:「言葉でしか伝わらない 分かってたのに」というところです。

――今お話を伺った部分ですね。ありがとうございます。続いて『ナナ色のうた』ですが“ナナ”がカタカナなのは、なぜですか?

足立佳奈:かわいいなと(笑)

――犬の名前か何かかなとか思いました(笑)

足立佳奈:いや(笑)

――この曲に足立さんが持った印象はいかがでしたか?

足立佳奈:この曲をはじめに聴いたときに“ライブ、絶対に楽しい”って思いました。

――サビのところは皆で手を振ってみたいな感じで!

足立佳奈:はい!もはや、このサビのところって私もマイクを持たずに皆で大合唱したいなというところはあります。

――良いですね。会場一体の大合唱。これでライブが終わるのも良いかもしれないですね。また明日頑張ろうという感じで帰れそうですね。

足立佳奈:そうですね。

――足立さんの良いところが、めちゃくちゃ詰め込まれていますね。中村さんという方もまた足立さんのことをよく知っている方なんでしょうか?

足立佳奈:中村さんと小沢さんは、デビュー曲の『ココロハレテ』を作ってくださった方々なんですよね。だから、『ナナ色のうた』の最後のアウトロのメロディーが、『ココロハレテ』と同じなんです。

――おぉ!あえての?

足立佳奈:あえてのです。そこで、1年、デビューしてからの1年後の節目、集大成となるところで、最初を忘れずにみたいな感じです。

――インタビューを見てくれた人、気づいているかな!

足立佳奈:誰か、アルバムを受け取ってくださったファンの方で、「同じだよね?」と言ってくれた方がいました。

足立佳奈が選ぶお気に入りのワンフレーズ!



――アルバムとなると、1枚飽きずに聴くのも大事ですしね。大学生くらいの年の1年って、すごく変わるんですね。『ナナ色のうた』の中からお気に入りのフレーズを教えてください。

足立佳奈:「So,let me la la smile」というところが好きです。これ、英語の意味としてはおかしいんですけど、音楽として響きと、笑っている雰囲気が伝われば良いなと思って歌っています。

スタッフさんにも「意味がおかしいからダメだよ」と言われたんですが、言葉だけじゃないと思うんですよね。意味がどうのというよりは、音楽として、そこで気持ち良さがあったら良いなと思って。

そこでも、笑顔になってもらえたら良いな、心地良く感じてもらえたら良いなって。あと、「夢はつづく」というところがあるんですが、前半戦では、「夢を歌おう」「夢を描こう」と言っているんですよね。

最後は、ゴールしましたとかじゃなくて、これからまだ続いていく。その先が見えている、その「つづく」という言葉のチョイスがとっても良いなと思って。最後のクライマックスにかけて、けっこう好きですね。

――BDにスペシャル映像が入っているということですが。これは、どんな映像が入っているのか教えてもらえますか?

足立佳奈:これは、『僕らのスタート』という、アルバムの一つ前に出した配信限定の新曲があるんですけど。そのミュージックビデオを撮影しているときの裏の様子というか。私のいろんな姿が入っています。



――けっこう盛沢山ですね。新曲のミュージックビデオは作られていないんですか?

足立佳奈:まだ作っていないんですけど。『あの日に戻れるなら…』は、YouTubeにミュージックビデオを公開しています。1人、部屋で、悲しそうに歌っている感じです。今までよりは暗い印象があると思います。

――今回、足立さんにとってファーストアルバムはどんな1枚になりましたか?

足立佳奈:このアルバムは、私にとって初めての作品なので、とっても特別なものになりました。デビューして1年の集大成ではあるけれど、新しいスタートの第一歩としてのものにもなると思います。

もっともっと、このアルバムを胸に頑張りたいです。

――また1年後、このファーストアルバムを振り返る機会があったらお話を聞かせてください。

足立佳奈:頑張らねば。

――11月から、12月にかけて行われるライブについて意気込みをお願いします!

足立佳奈:初めてのファーストライブ、ワンマンライブを行うのですが。12月24日に渋谷WWW、26日に地元、名古屋のSPADE BOXというところでやらせていただきます。学祭のライブもあります。

――学祭のライブに対する想いや、楽しみにしていることも教えてください。

足立佳奈:まず、自分と同い年や同級生、同世代の方と一緒にライブを作れる機会というのはなかなかないと思うので、その時間を大切にしたいです。

あと、はじめましての方もいらっしゃると思うので、そこで、足立佳奈としてどんなことを皆さんに知っていただけるかなという所にドキドキワクワクしている感じです。

ファーストライブは初めてということもあり、しかも、2時間くらいやると思うのでどんな空気感になるかも不安ですけれど(笑)ちょうどクリスマスなので、その空間がクリスマスプレゼントになったら良いなというふうに思っています。



TEXT:愛香
PHOTO:橋本美波&愛香

プレゼント応募について

Twitterで応募するとサイン入りチェキをUtaTenをご覧の方に抽選でプレゼント!!

【応募方法について】
UtaTenのTwitterアカウント(@utaten)をフォローをします。
(既にフォローしていただいている方はそのままで!)

UtaTenのページにあるこの記事上下のツイートボタンからツイート。
※入力されている内容は消さないようにご注意ください!(追記はOK!)

応募完了となります。応募締め切り後、当選者の方にDMにて当選の旨をご連絡致します。
※応募完了後であっても、該当のTweetの削除、UtaTenのフォローを外した場合、その時点で応募対象外となります。

Follow @utaten

Tweet

【応募締め切り】
11/17 21:00まで

【当選の通知方法】
締め切り後に抽選を行い、当選者には@utatenからDMにてご連絡いたします。
※ご自身のTwitterアカウントのDM設定をご確認ください!!

あなたにおすすめ