松本伊代&早見優、心境の変化を明かす「1回目は本当に涙が止まらなくて」<音楽彩>

モデルプレス

2018/11/3 18:20

【松本伊代・早見優/モデルプレス=11月3日】チャリティーコンサート「2018 LIVE FOR LIFE『音楽彩』」(以下:LFL音楽彩)が3日、都内にて開催。開演前に出演の松本伊代、早見優らが出演する心境を語った。

同コンサートは、2005年に急性骨髄性白血病で他界した歌手の本田美奈子.さんの「自分の大好きな音楽を通して全ての人に生きる喜びと命の尊さを伝えていきたい」という想いを受け継いで2008年にスタート。今年は、松本・早見ほか、森口博子、一路真輝、涼風真世、平原誠之、知念里奈、柴田智子、大石まどか、今井清隆、宮沢和史、中村あゆみ、Shinziro、JKim、megらが出演する。

◆松本伊代「美奈子ちゃんの想いがみなさまに届くように」



開演前の取材で、「今日も本田美奈子.ちゃんの想いをみなさまに伝えていく日がやってきました」と感慨深そうに言葉にした松本。「美奈子ちゃんの想いを伝えることはもちろんですが、美奈子ちゃんにはたくさんのすてきなすばらしい歌が残っています。なので、美奈子ちゃんの歌も、もっと、もっと若い世代の人たちにも歌い継いで頂きたいと思っています。美奈子ちゃんの歌は色んな方がたくさん歌いますが、美奈子ちゃんの歌を通して、美奈子ちゃんの想いがみなさまに届くように、がんばってステージを務めたいと思っています」と心境を語った。

さらに、松本は、2008年に同イベントがスタートした当初の様子を「最初のころは、『アメイジング・グレイス』も会場のみなさんとひとつになって歌うので、美奈子ちゃんのファンの方も、すごく泣いて。…泣いて、泣いて、でも、楽しんで歌ってくれていて、それを見るだけで感動して、私たちも泣きながら歌っていました」と回顧。「今は、楽しみも少し加わりながら、そして、『みんなにもこの想いを!』という想いもだんだん強くなっていることを感じながらやっています。ゲストの方も増えて頂いて、いつもこの日を楽しみにしています」と声を弾ませた。

◆「美奈子ちゃんが近くに…」早見優の思い



また、司会を務める早見は、「美奈子ちゃんが残してくれた楽曲は本当にすばらしいものばかりです。今年も、すてきなアーティストのみなさんが美奈子ちゃんのためにステージに集まってくださりました。LIVE FOR LIFEは、難病を患い、闘病生活を送っている人のためのチャリティーコンサートなのですが、様々な歌が彩るすてきな音楽祭でもあります」と告げ、「美奈子ちゃんは年に1回のこのすてきなお祭りに耳を傾けて、天国から見守っていてくれるのではないかなと思います」と語った。。

そして、「私は毎年、このLFLの時期になると美奈子ちゃんが近くにいてくれているような気がものすごくします」と早見。「心境の変化でいいますと、1回目は本当に涙が止まらなくて、音楽祭だと分かっているのですが想いの方が強かったです。回を重ねるごとに、悲しい気持ちより、美奈子.ちゃんが残してくれたものを大切にし、『多くの方に伝わっていくといいな』という気持ちが強くなってきました」と胸中を明かした。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

あなたにおすすめ