「下町ロケット」いよいよM&A成立か!?キーマン演じる尾上菊之助に視聴者から熱視線!

ザテレビジョン

2018/11/3 18:00

放送中のドラマ「下町ロケット」(毎週日曜夜9:00-9.54)にトランスミッションメーカー・ギアゴーストの社長、伊丹大役で注目を集める歌舞伎役者・五代目尾上菊之助。10月28日放送の第3話で見せた“泥だらけの田植えシーン”に、視聴者から「表情の変化が素晴らしかった」「演技に引き込まれた」の声が上がっている。

「下町ロケット」は、池井戸潤の人気小説シリーズを阿部寛主演で映像化し、2015年に大ヒットしたドラマシリーズ。待望の続編で、佃製作所は宇宙から大地へと視点を変え、トラクターなどのトランスミッション開発を新たな目標に掲げる。

菊之助演じる伊丹は、同作に新たに加わったキャラクター。もともと帝国重工の機械事業部で事業企画を担当していたが、研究職の島津裕(イモトアヤコ)と共に帝国重工を飛び出してギアゴーストを設立。創業5年で年商100億円規模に急成長させた敏腕社長だ。

■ “公正さ”と“人”を大事にする男

佃や山崎光彦(安田顕)、島津をはじめ、“ものづくり”に情熱を傾ける理系キャラクターが多い中にあって、伊丹は技術力を持たない。情熱が表に出にくく、難しい役どころでもある。

だが、町工場を経営していた父の背中を見て育った伊丹には、“公正さ”と“共に働く人”を大切にする誠実さがあった。

第1話(10月14日放送)では、コンペに応じてきた佃に「評価は公正で、会社の規模にかかわらずそのときに最善の方を選ぶ。それがギアゴーストのビジネスモデルであり、信念ですから」と言い放ち、新規参入者に過ぎない佃製バルブの採用を決定。ケーマシナリーから特許侵害を指摘された第2話(10月21日放送放送)では、「社員全員の雇用」を念頭に、出資者を探して頭を下げて歩いた。

■ 田んぼのシーンで泥だらけに…

そんな伊丹が視聴者の注目を集めたのが、第3話。M&Aを申し出た航平と固い握手を交わした後、殿村(立川談春)の実家の田んぼを訪れたシーンだ。

田植え作業にもかかわらず、ワイシャツにネクタイを締め、上から会社のジャンパーを羽織ってやってきた伊丹。その出で立ちは、いかにも「付き合いで渋々」という雰囲気だ。だが、航平たちが次々と裸足になり田んぼに入っていく中、ためらいながらも靴を脱ぎ、田んぼに足を浸した、その瞬間。

伊丹の顔に、かすかな驚きと喜びの色が浮かんだ。

田植え機の故障で急きょ、くるぶしまで田んぼに浸かって手植えに加わると、田んぼに豪快に尻もちをつき、泥だらけになって笑顔を見せる一幕も。手植えをしながら「まだまだ改善の余地はある気がします」とトランスミッションの可能性に思いを巡らせ、帰り際には「きょうは本当に来てよかった。佃さんが夢中になる理由が、私にもわかったような気がします」と晴れやかな表情を見せた。

田植えを経験した伊丹がランスミッションへの思いを強くし、航平たちとの結束も強まった一連のシーン。菊之助は、その心境の変化をほぼ表情のみで表現し、じんわりと心温まる名場面へと昇華させた。

この一連が視聴者から大反響!SNSなどでは「綺麗なお顔に泥が…」「転んだときの笑顔が素敵すぎた」「菊之助さん、いい味出してる!」といった声から「田んぼに入った瞬間の顔がよかった!」「田んぼに入る前から入った後の菊之助さんの表情の変化が素晴らしい」「演技がとても自然で引き込まれる」「菊之助さん、今回知ったけど素敵な役者さん!」などの声が寄せられ、伊丹の注目度は急上昇。

憂いを含んだ表情には、「表向きは社員想いで正義感の強い社長さん、でも心の奥底には何か隠し持っていそうな絶妙な雰囲気が漂っている。このままでは済まなそう…」といった“読み”を披露する声も上がっている。

■ 初のグルメレポートも超真剣!

そんな菊之助だが、歌舞伎界ではすでに知らぬ者のない人気者。可憐な女形が人気で、大河ドラマ「西郷どん」(NHK総合ほか)ではその美しさを生かし、吉之助(鈴木亮平)をも魅了する美貌の僧・月照を演じて話題をさらった。

その上、祖父・七代目尾上梅幸、父・七代目尾上菊五郎、義父・二代目中村吉右衛門がそろって人間国宝というサラブレッド。

ゲスト出演した11月1日放送の「櫻井・有吉THE夜会」(TBS系)では、父との関係について「物心ついたときには敬語になっていたし、師匠みたいな感じなので。あまり親子っていう感じはしないですね」と語り、スタジオをどよめかせた。

「―THE夜会」では、事前にロケを猛勉強してグルメレポートに初挑戦する真面目な素顔も披露!「せっかくなので…『隣の晩ごはん』的な感じで」と音羽屋の法被姿で登場し、少食にもかかわらず、店主に勧められるまま1ポンド(450g)ステーキを完食。最後には、輝く笑顔で「食レポはするもんじゃないなと思いました」と迷言も残すなど、個性的なキャラクターを存分に発揮した。

視聴者からも「菊之助様かわいい」「真面目な人柄。好感度高い!」といった声が上がる人気ぶり。ドラマにバラエティーにと多彩な表情を見せる菊之助に、魅了される視聴者が続出している。

■ 11月4日放送「下町ロケット」第4話は…

「下町ロケット」第3話で帝国重工からの信用調査も無事クリアし、またひと山越えた航平たち。だが、11月4日放送の第4話では新たな波乱が…。

ギアゴースト買収へと本格的に動き始めた矢先、航平と伊丹たちは神谷弁護士(恵俊彰)から呼び出され、「ギアゴーストの開発情報が外部に漏れている可能性がある」と告げられる。何よりも社員を大切にする伊丹は、そんな神谷弁護士に不信感を抱き…。

一方、佃製作所の社員たちは、特許侵害訴訟の勝訴へ向けてギアゴーストに協力し解決の糸口を探すが苦戦する。航平率いる佃製作所と伊丹率いるギアゴーストは、無事“企業同士の結婚”M&Aを成功させることができるのだろうかーー。(ザテレビジョン・文=酒寄美智子)

https://news.walkerplus.com/article/167862/

あなたにおすすめ