武田航平が高田夏帆を撮影 彼氏感出すぎ「付き合っているんじゃない?」

 仮面ライダービルドのヒロインを務めた女優、高田夏帆(22)が3日、都内の書店で初となるカレンダー発売記念イベントを行った。高田のカレンダーを撮影したのは、仮面ライダービルドで共演した俳優・武田航平(32)で、この日は特別ゲストとして駆けつけた。武田はカメラマンデビュー作となる。

 「どうしても僕に撮ってほしいとオファーをいただきまして。まさかオッケーもらえると思ってませんでした。初めてが夏帆ちゃんでよかった」と武田。「役のつながりもあったし、お兄ちゃんみたいに思っています」と高田が話すと、「お兄ちゃん止まりかい!」と武田がツッコむ。「(仮面ライダービルドの)現場でも仲良くさせていただいて、妹のような存在に思っていたのですが…。撮影しているときに見せる表情の中には、色気のある女性がいてびっくり。そういう表情のある写真が撮れてよかったです」。

 海辺で花火を使った撮影をしたとき、「ちょっと付き合っているんじゃないかって。夏帆ちゃんのこと好きになりかけているくらい彼氏感があった」と武田が告白すると、「えーっ」と返す高田だが、「航平さんがよく行く場所とか、理想のデートができてよかった」とまんざらでもない様子。

 カレンダーなので、掲載できるカット数が限られているため、選ぶのは一苦労だったという。「航平さんでしか撮れない写真。収まり切れないよい写真がいっぱいでした。写真集もやりたいです。今度は海外に行きたいです。ハワイとか」と無邪気にはしゃぐ高田に、武田は「二人きりで?」と返す。「えーちょっと」と返事に困る様子を見せるが、自然なやりとりは会場を和やかなムードに包み込んだ。高田は写真集の出来映えを「一億点。大満足です」と評価した。ただ、武田に対して「半目になっているのをいちいち指摘するのはやめてほしかった」と明かす。あまりにも仲のいい二人。実際に武田が彼氏になる可能性は?との問いに高田は「ないでーす」ときっぱり答えた。「カメラがあればベルトがなくても変身できる」とライダーらしくコメントする武田。いまのところ、撮影オファーは「夏帆ちゃんを通して」と高田の専属カメラマンであることをアピールした。

あなたにおすすめ