にゃんごすたー『ウィ・ウィル・ロック・ユー』特別映像に登場「BUMP!BUMP!BANG!!」

ロックバンド・クイーンとそのボーカル、フレディ・マーキュリーの伝記映画『ボヘミアン・ラプソディ』(11月9日全国公開)を記念して、11月1日に名曲『ウィ・ウィル・ロック・ユー』の特別映像が公開された。同曲の「ドンドンパッ」というリズムはCMやBGMなどでも使われるので、多くの人が耳にしたことがあるのではないだろうか。

その「ドンドンパッ」に合わせて各界の達人から子どもたちまで様々な人々がパフォーマンスを披露、バックに流れる『ウィ・ウィル・ロック・ユー』が「全ての挑戦者たちに捧ぐ」応援歌という趣向の映像だ。

エンドロールはBGMに映画タイトルでもある『ボヘミアン・ラプソディ』のエンディングフレーズが流れるなか、クレジットに「ドラマー にゃんごすたー」「リフティング ラモス瑠偉(元サッカー日本代表/ビーチサッカー日本代表監督)」「TikToker HINATA(TikTokフォロワーランキング1位)」「ギタリスト ROLLY」「BEATBOXER AIBO」「ボクサー 新井伸尭(第5回アンダージュニア全国大会優勝)」などおよそ20組が並ぶ。

ゆるキャラ界から出演したにゃんごすたーは11月2日、SNSで「BUMP!BUMP!BANG!!」とリズムを表現して『ウィ・ウィル・ロック・ユー』特別映像を紹介、「映画楽しみ~」とつぶやいている。

撮影ではクイーンのロジャー・テイラーに迫ろうとドラムを叩いたようで「マイク無事ですって言ってたけど本当に大丈夫だったか」と心配していた。

画像は『にゃんごすたーnyangostar 2018年11月2日付Twitter「BUMP!BUMP!BANG!!」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

あなたにおすすめ