【イタすぎるセレブ達・番外編】ダイアン・クルーガー(42)第1子出産

映画『トロイ』(2004年)や『イングロリアス・バスターズ』(2009年)などで知られるドイツ出身の女優ダイアン・クルーガー(42)が、テレビドラマ『ウォーキング・デッド』の俳優ノーマン・リーダス(49)との間に第1子を出産したと報じられた。

ダイアン・クルーガーは2016年まで10年間、俳優のジョシュア・ジャクソン(40)と交際。その後昨年3月には、映画『Sky(原題)』(2015年)で共演したノーマン・リーダスと交際をスタートしたことが明らかになっている。2人は今年1月に行われた第75回ゴールデングローブ賞でカップルとしてレッドカーペットデビューを果たし、今年5月には子供を授かったと伝えられていた。というのもダイアンは同月、第71回カンヌ国際映画祭でゆったりとしたドレスを着用していたことで、妊娠を噂されていたのだ。

そして現地時間11月2日、ダイアン・クルーガーが第1子を出産したと『PEOPLE.com』などが報じた。気になる赤ちゃんの名前や性別、生まれた日も含めて詳しい情報は明らかになっていない。

42歳のダイアンにとっては初めての子供になるが、ノーマンには元恋人で元モデルのヘレナ・クリステンセン(49)との間に19歳の息子がいる。

本人たちからの出産報告は今のところないが、ダイアン・クルーガーは現地時間1日にボサッとした髪で撮った自撮り写真をインスタグラムに公開し「私は今朝、本当に最高な状態」と言葉を添えている。

2人は今年8月、ニューヨークに1175万ドル(約13億3000万円)の19世紀のタウンハウスを購入しており、赤ちゃんを迎える準備は万全だった。今まさにダイアン・クルーガーは新しい我が家で愛おしい我が子を育てる幸せを感じていることだろう。

画像2枚目は『Diane Kruger 2018年11月1日付Instagram「I’m just really at my best in the morning」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 朝倉リリー)

あなたにおすすめ