宮沢りえ、大御所俳優と大ゲンカの過去 相手への『ひと言』に爆笑の嵐

grape

2018/11/3 17:25

2018年11月2日放送のバラエティ番組『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)で、俳優の風間杜夫(かざま・もりお)さんと女優の宮沢りえさんが、過去に大ゲンカをしていたことが明かされました。

酔っ払った風間杜夫さんが…?

1983年放送のドラマ『スチュワーデス物語』の教官役などで知られる風間さん。

舞台作品で共演した宮沢さんや、女優の小池栄子さんと共に飲食店へ行った際に、酔った勢いで宮沢さんの演技を非難したといいます。

番組にVTR出演した小池さんは、その時の状況をこう語りました。

飲みに行って、その共演している女優さん(宮沢さん)に風間さんが急に酔っ払って「お前さ、どこで仕込まれたのか分からないけど、クセのあるセリフのいいかたすんな!」っていったんですよ。

そしたら、その女優さんがブワーって泣いて。自分が持っている財布を(お店の)壁に投げつけて「そんなこといわれたくない!」っていう、すごいバトルがあったんですよね。
ダウンタウンなう ーより引用小池さんはVTRで宮沢さんの名前を伏せていたものの、風間さんは番組内で相手の女優が宮沢さんであることを暴露。続けて、ことのてん末を語り始めました。

宮沢さんからの衝撃の『ひと言』

その当時、風間さんと共演していた舞台で遊郭の女性役を演じていたという宮沢さん。

風間さんは「舞台上でギリシャ悲劇のようなセリフのいいかたをしていたから」と、非難した理由を説明しました。

風間さんにとっては「舞台をよりよいものにしたい」という思いからのひと言だったのかもしれません。

しかし、怒った宮沢さんは、そのままお店から出て行ってしまいました。

ケンカの翌日。ノドが枯れて声が出なくなってしまった風間さんに、宮沢さんがアメを差し出したのだそうです。

アメには手紙も添えられており、そこに書かれていた言葉に風間さんは吹き出してしまいました。

なぜなら、書かれていた言葉は…。

ざまあみろ!

この話を聞いた『ダウンタウンなう』のほかの出演者は爆笑。「おもしろい」「いい女」と、宮沢さんの対応を絶賛する声が上がりました。

ネット上でも「ユーモアある反撃で素敵です」「お茶目ですね。宮沢さんの好感度が上がりました」といった反応が目立ちます。

子どものケンカと違い、大人同士のケンカは尾を引きます。ケンカをきっかけに絶縁したという話も珍しくありません。

その点、宮沢さんがユーモアたっぷりに反撃したことで、2人の関係が修復されたことは間違いないでしょう。宮沢さんの余裕や茶目っ気を、見習いたいですね。


[文・構成/grape編集部]

あなたにおすすめ