松岡茉優、シースルーで肌見せ! TIFFアンバサダー全う「充実した10日間」


女優の松岡茉優が3日、東京国際フォーラムで行われた第31回東京国際映画祭のクロージング・トークに、同映画祭のアンバサダーとして登場した。

松岡は、今年のクロ―ジング作品に選出された『GODZILLA 星を喰う者』(11月9日公開)のワールドプレミア上映の前に登場。両腕、胸元、背中がシースルーになった白いドレスで上品に肌見せした。

そして、「レッドカーペットをトップバッターとして歩かせていただいたり、海外のメディアの方にも取材していただいたり、とても充実した10日間でした」と振り返り、「大好きな大好きな映画祭なので終わってしまうのが寂しいですが、最後の上映も盛り上がっていけたらと思っています」と話した。

昨年の同映画祭では、主演映画『勝手にふるえてろ』が観客賞に輝き、さらに、宝石の原石(ジェムストーン)のような輝きを放つ若手俳優を表彰する昨年新設された「東京ジェムストーン賞」も受賞。そして、今年はアンバサダーの大役を務めたが、「たくさん素敵な経験をさせていただきました」と感謝し、「昨年東京ジェムストーン賞をいただいて、第1回目をもらった身として賞を華やかにするために頑張っていきたい」と誓った。

また、「この10日間、アンバサダーとして出させていただきながら、新作映画『蜜蜂と遠雷』を撮っていました。その現場でも、『この映画も東京国際映画祭に来られるような作品にしようね』とみんなで励まし合っています」と同映画祭を目標にしていることを明かし、「来年も、再来年も携わってけるような映画人になっていきたい」と決意を新たにしていた。

あなたにおすすめ