佐藤琢磨選手と室屋義秀選手がレーサーズスクワッドを結成。今年と来年のタイトルを語る

clicccar

2018/11/3 17:03


10月30日東京・新橋のコンラッド東京で、腕時計ブランド「ブライトリング」の新コレクション「プレミエ」の発表会が行われました。

「プレミエ」は、1940年代に同社で製造されたプレミエシリーズにインスピレーションを受けたコレクションとのことで、ブライトリング社のCEOジョージ・カーン氏は「パイロットウォッチを愛する人たち、高級時計を愛する人たちを1つにするもの。深い歴史を持つわれわれだからできること」と、ブランドの方向性を説明しました。

ブライトリングでは、航空、探検、スポーツ、映像などといった、さまざまな分野のプロがスクワッド(チーム)を組み、情熱や目標、ミッションを分かち合い一体となった活動をサポートしています。

発表会ではモータースポーツ界を代表するアスリートによって立ち上げられるジャパン・レーサーズ・スクワッドに参加する、佐藤琢磨選手(2017年にインディ500を制し、今年もインディーカーシリーズで1勝を上げた)・室屋義秀選手(2017年レッドブル・エアレースを制した現ワールドチャンピオン)・中上貴晶選手(2018年より2輪レースの最高峰「モトGP」クラスに参戦)という、各カテゴリーの最高峰で戦う現役の3名でチーム(スクワッド)を組みました。今回、中上選手はレース開催地へ移動中との事で、室屋選手と佐藤選手のみ結成発表会への参加となりました。

ブライトリングのイメージを室屋選手は「(航空時計・計器として作られた生い立ちから)守り神に近い」、佐藤選手は「男心をくすぐる大人の時計」と語りました。

両選手とも世界の頂点を掴んで迎えた今シーズンでしたが、佐藤選手はチーム移籍で苦しい前半戦を戦いながらも終盤に向けて成績は右肩上がりで、ポートランドでの優勝と総合力が上昇してきたとのこと。

室屋選手は、「今シーズンは好不調の波があるシーズンで、まずまずの出だしから、千葉(第3戦)で新部品を投入して一気に抜け出そうとしたのですが、裏目に出た失敗もありました。現在もトラックにおけるタイムではほぼトップを維持し機体のスピードは高いです。(総括すると)チーム戦略とか、来年に向けていい勉強になったシーズン」と振り返りました。

2人の出会いは昨年のインディアナポリスのエアレース会場。お互いの活躍を知っていて刺激を受けあっており、あっという間に意気投合していました。現場で我々も「あれ?初対面の筈なのに?」というほどの打ち解け方でした。佐藤選手の応援を受けた室屋選手は劇的な展開の中で優勝を果たし、チャンピオンを獲得しました。

その後、互いの世界を知ってもらうべく佐藤選手がもてぎでドライブするNSXでレーシングスピードを体験。室屋選手は「飛行では減速Gはないので、衝撃でした」「その後、更に更に攻め込まれました」といえば、後日、福島スカイパークで体験飛行の際は室屋選手が「エンターテイナーのなので、より知ってもらおうと(笑)」、佐藤選手が「旋回中に『力を抜いて』といわれ、緩めると血があっという間に下り、眩暈がしました(笑)」と、お互いのフィールドの凄さを体験しエールを送っていました。

これからレーサーズスクワッドの活動ではレース以外に「未来をつくる」活動として、室屋選手から航空教室「空ラボ」(2019年からふくしまスカイパークで開講)の紹介や、佐藤選手からは東日本大震災で被災した人たちの長期的支援を目指す「With you Japan プロジェクト」、カートの楽しさを伝える「TAKUMA KIDS KART CHALLENGE」など将来の社会を支える子供たちに向けた活動も報告されました。

トークショーの最後にこれからと来年の抱負として佐藤選手は「未だ果たしていないショートオーバルの優勝と、年間総合優勝を狙って戦います」。室屋選手は「18日の最終戦(フォートワース)は優勝を獲りに行きたいと思います。また、来年は安定して勝っていける様な戦いをしていきたいと思います」と語りました。

このイベントの際、個別にお話を伺う事が出来ました。

室屋選手は、チャンピオンとして迎えた1年は注目度も含め「違うステージに入ったなと感じた」とのこと。その一方で「チームとして千葉戦の3連覇を目標としたが、開発・テストの時間が足りず、裏目に出たり歯車が噛み合わなかった」ものの、「タイムでは一番速かったりするのでどう結果に結び付けるかなので、チーム体制を含め勉強になった1年でした」と総評されました。

新しく採用した「ウイングレット」はレイクドウイングチップに比べて「インディアナポリスだとラップ辺り0.3秒くらい」速くなる事を見込んだとのこと。具体的に何故かは聞けませんでしたが、仮に0.3秒速くなると現在トップ6位迄は1秒以内にひしめいている事が多いので、予選では2,3番手順位が上がる事が期待出来ます。

昨年、インディアナポリスではライバルを2秒引き離すタイムを出した室屋選手ですが「今年は30度近い気温で1秒位は遅かったと思います」。それでも1分3秒フラット近いタイムは難しい様で、昨年の最終戦・ファイナル4での飛行が幾つかの好条件が重なった上で、更にスーパーフライトだった事が改めて確認できました。

11/18の最終戦フォートワースは2度目の表彰台に上がったゲンのいい場所です。「新しいコースに近いですが、チーム状態は悪くなく、来年を占う上でも勝ちに行きます」との事でした。

佐藤琢磨選手は今年「もっと勝ちたかったし、チャンピオンシップ争いに絡みたかったが、環境(チーム移籍を含め)も変わったり、不運もあって、昨年インディを勝って今年描いていたイメージとは違った。その中でベストを尽して行く中で中盤戦以降成績も上向き、結果優勝も出来たので翌年に繋がる良いシーズンだった」と総括されました。

「レイホールチームは1台体制としては驚異的なパフォーマンスがあったが今年少し陰った。その原因を徹底的に見直しを掛けているので楽しみ」。来年は「インディ500優勝は勿論、シリーズタイトル争い絡んで行く事は決して夢ではない」だそう。

インディ500で優勝した事で今年変わった事について伺うと、「インディ500が凄いって事は判っていたが、なにがどう凄いかは判らなかった」「初年度はあらゆる事のスケールの違いに驚き、回を重ねるにつれ、ここで勝つ事の凄さが判り、初めて優勝する事が出来そうだと云う時(2012年)、『震えがきた』」「初挑戦で勝ったら判らなかったであろうインディ500の凄さを自分の中で実感できた上で優勝できたのは凄く良かった」そうです。

未来について伺うと、「来年シリーズ参加選手の中では上から2番目になっています。(最年長は43歳のトニー・カナーン選手) 日本のモータースポーツのレベルは高いが、世界には伝わっていない。でも世界に挑戦する事は大事で、今回のレーサーズスクワッドで室屋選手達とこのエネルギーを次の世代に伝えたい」「個人で出来る事と、レーサーズスクワッドで出来る事、モータースポーツ界で出来る事を考えて、辻の世代のライバーが世界へはばたく事の手伝いが出来ればいいなと思っています」とのことでした。

来年インディカーシリーズに参戦が噂されるアロンソ選手や他のカテゴリー等の話を聞いてみたかったのですが、時間切れとなりました。

世界の頂点で活躍し続ける佐藤琢磨選手と室屋義秀選手。来年は共にタイトル獲得・奪還を賭けた戦いを展開する事に期待です。

(川崎BASE)

あなたにおすすめ