風間杜夫が演じる、社会に翻弄された男の夢と挫折『セールスマンの死』公開舞台稽古レポート

SPICE

2018/11/3 16:50


アメリカ現代演劇の旗手と呼ばれるアーサー・ミラーの代表作『セールスマンの死』が、日本の演劇界の次代を担う存在として活躍を続ける長塚圭史の演出によって、11月3日(土・祝)に横浜・KAAT神奈川芸術劇場で初日を迎える。それに先立ち、2日(金)に公開舞台稽古が行われた。その模様をお伝えする。
「セールスマンの死」公開舞台稽古写真
「セールスマンの死」公開舞台稽古写真

1949年に初演、トニー賞、ニューヨーク劇評家賞、ピューリッツァー賞を受賞したこの作品は、主人公である60歳を過ぎたセールスマンの死に至る最後の二日間を描いている。競争社会における夢と挫折、親子の断絶、家庭の崩壊など、第二次世界大戦後のアメリカ社会の問題を浮き彫りにした内容は、現代日本を生きる我々にも通じるところがあり、心を深くえぐってくる。

かつては敏腕セールスマンだった主人公ウィリー・ローマン(風間杜夫)は、今や仕事に精彩を欠き、会社では社長(伊達暁)からお荷物扱いされている。妻のリンダ(片平なぎさ)は夫を尊敬し献身的に支えているが、30歳を過ぎても自立出来ない2人の息子、ビフ(山内圭哉)とハッピー(菅原永二)は父のことを心配しつつもどう接したらよいかわからず微妙な関係となっている。
「セールスマンの死」公開舞台稽古写真
「セールスマンの死」公開舞台稽古写真

ウィリーは、己の回想の中に兄ベン(村田雄浩)が登場すると、子供に戻ったような目の輝きを見せ、成功者である兄を崇拝している様子がうかがえる。兄のようになれなかった自分の挫折感と、それでもセールスマンとして働いてきた自尊心の間で揺れ動く心情が切ない。ウィリーは幼いころに父を亡くしており、彼にとって兄は父親的存在でもあったのだろう。そして、父をほとんど知らない彼は、自分自身が父親として正しく振舞えているのか自信が持てない心情を回想の中の兄に吐露する。自分は正しいと誰かに認めてもらいたい、というウィリーの孤独がにじむ。
「セールスマンの死」公開舞台稽古写真
「セールスマンの死」公開舞台稽古写真

ウィリーにとって息子たち、とりわけハイスクール時代にフットボールの花形選手だった長男のビフは自慢の存在で必ず成功者になる、と期待をかけるが、ビフはある事件がきっかけで挫折、ハッピーも遊び好きでフラフラ落ち着かず、二人とも父親の過剰な期待を重荷に感じている。ここに親子間の世代の断絶が描かれ、どこまでいっても噛み合わない悲しき父子の姿が表れる。
「セールスマンの死」公開舞台稽古写真
「セールスマンの死」公開舞台稽古写真

ウィリーの友人・チャーリー(大谷亮介)と、その息子バーナード(加藤啓)がこの家族を見守り、救いの手を差し伸べようとするが、ウィリーたちは生真面目なチャーリー一家を友人と認めながらもどこか見下しており、その手に対して素直に応えることができない。プライドや妬みが邪魔をして、ウィリーはますます追い詰められていく。挫折を受け入れることのできない哀れさがやるせない。
「セールスマンの死」公開舞台稽古写真
「セールスマンの死」公開舞台稽古写真

長塚の演出は奇をてらうことなく、ことさらに現代性を持たせようという意図を押し出すことなく、アーサー・ミラーの戯曲と素直に向き合っている。それは長塚が、この戯曲の持つ力、その普遍性を信じた結果だろう。そして実力派キャストが揃ったことで、長塚が俳優の演技にも全幅の信頼を寄せていることが伝わってくる。過剰な演出を行わず戯曲の力と俳優の力をストレートに引き出すことで、自然と現代性が舞台上に立ち上がり、物語が違和感なく見る者の心にしみこんでくる。
「セールスマンの死」公開舞台稽古写真
「セールスマンの死」公開舞台稽古写真

風間がウィリーのこれまでの人生すべてを背負った深みと味わいを見せる。この戯曲の面白さのひとつとして、ウィリーが何のセールスマンであるかが明確には書かれていない。得意先での評判に一喜一憂し、己の話術や容姿を気にするところから、自分自身を切り売りしていた、という見方もできる。それは、他人の人生に自分自身を重ね合わせて魂を燃やしながら演じる俳優という職業にも通ずるところがあるだろう。風間がウィリーの人生に寄り添い、その弱さを包み込んで演じ切っているところが、ウィリーをただの落伍者に貶めない優しさを感じさせる。
「セールスマンの死」公開舞台稽古写真
「セールスマンの死」公開舞台稽古写真

片平は献身的な妻・リンダの愛情深さを温かみのある演技で見せる。現在の姿と、ウィリーの回想の中の若い頃の姿の演じ分けが鮮やかで、家族にとって幸せ絶頂だった明るい時代と、行き詰まった現在との落差が際立つ。長男・ビフ役の山内は、父への愛憎という複雑な感情を激しさと柔らかさの絶妙なバランスで見せ、クライマックスシーンでの演技は心を震わす真に迫ったものがある。次男・ハッピー役の菅原は、家族のことを心配する優しさを持ちながらも最終的には自己中心になってしまう愚かさを愛嬌を交えて憎めない人物として演じている。

「セールスマンの死」公開舞台稽古写真
「セールスマンの死」公開舞台稽古写真

この戯曲の副題は「二幕と鎮魂曲からなるある私的な会話」。戯曲内で指定されているフルートの音色が、ウィリーをはじめとする、現代社会において困難や苦悩を抱えるすべての人々への鎮魂として心に響いてくる。

時代の移り変わりや人間関係の複雑さにより、社会の中で生きること、家族と共に生きることの困難を深く優しく見つめた今作品。静かに胸を打たれると共に、悲しくも愛すべき家族の姿に心を寄せずにはいられない。本公演は11月3日(土)・4日(日)のプレビュー公演を経て、7日(水)~18日(日)まで神奈川、その後、愛知公演、兵庫公演あり。

取材・文・撮影=久田絢子

あなたにおすすめ