志尊淳の"男気"に、イケメンたちも惚れ惚れ! 台本にない見せ場提案


映画『走れ! T校バスケット部』(公開中)の初日舞台挨拶が3日に行われ、志尊淳、佐野勇斗、早見あかり、戸塚純貴、佐藤寛太、鈴木勝大、西銘駿、阿見201、古澤健監督が登場した。

同作は松崎洋による青春小説を実写映画化。中学時代、バスケットボール部キャプテンとして関東大会2位の実力を残した田所陽一(志尊)は、強豪私立に特待生入学するが、部内で激しいイジメにあい、自主退学する。都立多田野高校、通称T高に編入した陽一は、連戦連敗の弱小バスケに入部し、仲間とのバスケの楽しさを思い出していく。

イケメンが揃った舞台挨拶となったが、「1番男気があるのは?」という質問では、主演の志尊に票が集中。佐藤が「飯、おごってくれるんですよ」と言うと、「俺はお財布か!」と苦笑する。しかし鈴木が「1番練習時間が短いのに、バスケを頑張っている姿に男気を感じました」と語ると、「主役という立場として、男気を見せなければいけないと自負してる部分はあったかもしれませんね」と、照れながらも答えていた。

さらに、志尊の"男気"エピソードについて、古澤監督が「西銘が言った方がいいんじゃない?」と振ったが、西銘のピンときていない様子に、阿見が耳打ち。思い出した西銘は「試合シーンで、僕が点数決めるところは、もともと台本になかったんです。それを志尊くんが、チームメイトのいいところを撮って欲しいと監督にわざわざ言ってくださって、点数決めることができました! ありがとうございます!」と改めて感謝し、監督も「あんな嬉しい瞬間なかった」と振り返った。

一方、志尊の次に票を集めた佐藤は嬉しそうに前へ出て、早見から「褒められたくてしょうがないじゃん!」とつっこまれる。西銘から「1on1でみんなで戦ってたけど、寛太君だけ、ボディが違いました。揺るがなかった」と称賛されたが、鈴木から「寛太、上裸だったもんね」、志尊からは「びしょびしょの汗、当たるんだもん」と暴露されていた。

また、「身近にあった奇跡」というトークテーマに、佐野は「Instagramで、3日間でフォロワーが1,000くらい減った」というエピソードを披露し、「どこが奇跡だったの?」と周囲が疑問に。鈴木が「1カ月くらい前の休みの日に、群馬に行ったんですよ。朝、喫茶店でトースト食べてて、20分くらいして、隣見たら純貴だったんだよ」と"ガチ奇跡"エピソードを披露すると、会場は驚きに包まれ、戸塚も「なんか、驚きすぎてリアクションとかなかったもんね」と語った。

あなたにおすすめ