愛する息子の死――自分自身と向き合い、一歩を踏み出す母親の物語

NeoL

2018/11/3 12:02



村上春樹の小説『東京奇譚集』の中の一篇を映画化した『ハナレイ・ベイ』が公開中。

息子のタカシが大好きなサーフィン中に事故で亡くなったことを知らされた、シングルマザーのサチ。それ以来、彼が命を落としたハワイのハナレイ・ベイへ向かい、海辺近くの大きな木の下で読書をすることを10年間続けていた。ある日、2人の若い日本人サーファーと出会ったサチは、「赤いサーフボードを持った、片脚の日本人サーファーを何度も見た」という話を耳にする――。

大切な人を失ったとき、残された人間はどうすべきか。サチが一歩踏み出した先に、見つけるものとは。

ハナレイ・ベイ監督・脚本:松永大司出演:吉田羊、佐野玲於、村上虹郎(2018年/日本)公開中(C)︎2018「ハナレイ・ベイ」製作委員会https://hanaleibay-movie.jp/

あなたにおすすめ