ホンダCR-V試乗記

オートプルーブ

2018/11/3 12:00

ホンダは2018年8月に新型CR-Vを国内発表し、発売の遅れていたハイブリッドモデルの発売も11月から開始した。これに先立ち、1.5Lターボモデルとハイブリッドモデルの両方に試乗することができたのでお伝えしよう。

実はこの5代目CR-Vは2016年10月にデトロイトでワールドプレミアされ、同年末から北米で販売されている。それが今回国内導入となったわけだが、北米で発表、発売ということからも分かるように北米をメインマーケットとしたモデルだ。つまり、ボディサイズはもともとCセグメントサイズだが、北米に合わせ、やや大きくCセグメントプラスのサイズになっている。ベースとなるプラットフォームはシビックと共通で、クロスオーバーSUVにカテゴライズされるモデルだ。

googletag.cmd.push(function() { var slot = googletag.defineSlot('/62532913/p_autoprove_300x250_kiji1stleft_20391', [300, 250], 'div-gpt-ad-1540274944614-0') .addService(googletag.pubads()); googletag.enableServices(); flucttag.showDfpAd(slot);});googletag.cmd.push(function() { var slot = googletag.defineSlot('/62532913/p_autoprove_300x250_kiji1stright_20391', [300, 250], 'div-gpt-ad-1540274917329-0') .addService(googletag.pubads()); googletag.enableServices(); flucttag.showDfpAd(slot);});ボディサイズは全長4605mm、全幅1855mm、全高1680mm(AWDは1690mm)でホイールベースは2660mmで、国内では全幅の広さが気になるかもしれない。このクルマの詳細はこちらでお伝えしているので、参考にしてほしい。※関連記事:ホンダ「新型CR-V」詳細解説 クラストップの質感、走りを目指したグローバルSUV

■しっとり、滑らかに走るハイブリッドさて、試乗はハイブリッドモデルから試乗した。パワートレーンは2.0Lアトキンソンサイクルのガソリンエンジンに2モーターを組み合わせたi-MMDで高速走行時のみエンジンがダイレクトに駆動する仕組みだ。通常はシリーズ式ハイブリッドで、エンジンで発電し、その電力によりモーター駆動で走行する。もちろんバッテリーの充電状況がよければEV走行をするタイプのハイブリッドである。

全文を読む >

あなたにおすすめ