”タイトルが秀逸”と絶賛!成田凌「根底に流れているのは“愛”だと思う」

ザテレビジョン

2018/11/3 11:00

スマホという身近なテーマが話題を呼び、映画化のオファーが殺到したという志駕晃の同名小説が原作の「スマホを落としただけなのに」(公開中)。成田凌が演じたのは、スマホを落とした麻美(北川景子)が頼るインターネットの専門家・浦野善治。本作を「サスペンス要素はもちろんありますが、純粋なラブストーリー」と語る成田に、今回の役どころや作品の見どころなどを聞いた。

――本作をご覧になった感想を教えてください。

スマホを落としてしまって拾った相手がヤバい奴だったという。犯人は誰なのか?とか、主人公はどうなっていくの?というサスペンス要素はもちろんありますが、根底に流れているのは“愛”だと思うんですよ。思いやる心があるからこそ生まれる出来事というか…。恋愛ドラマよりも深い愛がないと成立しない映画。そういう意味では純粋なラブストーリーといってもいいかもしれないです。それにしてもタイトルが秀逸。素晴らしいですよ。あの焦りは誰もが想像できますから。

――スマホを落としたことはありますか?

記憶にないです。ただ、家に忘れたことはあります。現場で「ない!!」ってことに気づいて、色んな方に探してもらったり電話を掛けてもらったりしたけど見つからなくて。結局、家に帰ったらあったので良かったんですが、本当に焦りましたね。移動できない、いつどこに行けばいいか分からない、調べたくても調べられない、連絡も取れない…。全てがこの1台に詰まっているんですよ。これがないと何もできない。不安しかなかったです。

――もし自分が落としてしまったらどうします?

自分の力ではどうにもならないから色んな人に相談します。浦野みたいな人がいれば、人づてにお願いするかもしれないな…。僕はデジタル弱いので何にもできないんですよ。なので誰かにどうにかしてもらうしかないですね。あと拾ったらどうしたらいいのか悩みます。警察に持っていくより、意外とその場に置いておいた方がなくした人は見つけやすいというか。警察に行くよりまず自分が立ちよった先を探しますから。もちろん電話が鳴ったら取りますし、今回のようにタクシーで見つけたら運転手さんに渡します。さすがに持っていったりはしないですよ(笑)。

――デジタルに弱いとのことですが、デジタルのエキスパートである浦野を演じるのは大変でした?

芝居って記憶の中を辿ってやるものだと思うのですが、何もなく。周りにネットができる友達がいれば参考にと思ったんですが、それもいなく。もう想像でパチパチやってみました(笑)。一番こだわったのは衣装。スーツやジャケットを着るなど色んな案が出ましたが、カチッとしているより、Tシャツでラフな雰囲気の方がデキる感じが出るんじゃないかな?という話になり。普段の衣装選びよりも時間が掛かりました。やっぱりリアルじゃないと成立しない話なので。あと最初の登場シーンは監督からシャキッと見えるようにして、とも言われました。助けてもらえそうと思われないと意味がない。意外とこだわっているシーンです。

――犯人は女性の黒髪に執着をしていましたが、成田さんの女性の好みを教えてください!

う~ん、すべて。全部が気になりますよ。気が利くとか、声の音量がちょうどいいとか…。僕の中にある基準ですが、それが完璧じゃないと嫌。そうじゃないと一緒の空間で何時間も過ごすとかできないですから。なかでもこだわるのは声質かな。居心地がいいと思える人が好みです。

――千葉雄大さん演じる加賀谷学は、犯人とリンクして事件の足掛かりを見つけますが、成田さんは誰かとリンクすることってあります?

リンクしたいと思うのは現場のマネージャーさん。僕の目標は何も言わなくても仕事上のやり取りがスムーズにいくことなので。最近では10回に7回くらいは意思の疎通ができています。犯人とリンクするのはどうかな?と思いますが、信じている人とは絶対分かり合えたり、通じている方がいいと思います。

――最後に映画のタイトルにかけて、「○○○しただけなのに○○○」を教えてください。

「舞台あいさつで立っているだけなのにめちゃくちゃ汗が出る」。子供のころからすごい汗かきなんですよ。モデルをしていると真夏なのにコートを着るなんてこともありますが、涼しい顔をしていて実はコートの中は汗だらけ(笑)。舞台あいさつなどよく見ると額に汗が噴き出ているはずなのでチェックしてください!(笑)。(ザテレビジョン・取材・文=玉置晴子)

https://news.walkerplus.com/article/167709/

あなたにおすすめ