カレーは豚or牛? 目玉焼きには塩or醤油? 定番対決が遂に決着

日刊SPA!

2018/11/3 08:32



今年9月、菓子メーカーの明治が、人気を二分するチョコスナックの雌雄を決する投票イベント「きのこの山・たけのこの里 国民総選挙」の結果を発表した。このように、似て非なる同ジャンルの商品・サービスは少なくない。そこで今回は食卓編、定番缶詰にカレー対決! そして、たびたび議題にあがる「目玉焼きに何をかけるか問題」にもついに結論が!?

◆家庭の味によって異なる自分にとっての定番は?

※30~49歳の男性500人を対象に、10月1~5日の期間にウェブでアンケートを実施

◆<缶詰対決>

ツナ缶 71% vs サバ缶 29%

健康にいいからと絶賛流行中のサバ缶が意外にも大差負け。「男の一人暮らしには、パスタやサラダなど何でも使えるツナ缶は必須」と、ユーティリティ性も評価された結果か。

◆<カレーの肉対決>

豚肉 60% vs 牛肉 40%

「カレーは豚。牛肉を入れたらそれは『ビーフカレー』になる」と豚に軍配が。バラ肉か角切り肉かも、牛豚両派のなかでも意見が分かれた。鶏肉派もいて家カレーは奥が深い!

◆<目玉焼きの調味料対決>

塩 74% vs 醤油 26%

食卓における永遠のテーマで、ほかにソース派、ケチャップ派なども存在し議論になることも。しかし「塩はあっさりしていてご飯のおかずとして優秀」と醤油派を圧倒した。

===============

「食卓編」は拮抗した結果が目につく。

「例えばカレーの肉は『東は豚、西は牛』であったり、『中年以上はツナ缶、若者はサバ缶』というオーソドックスな傾向はありますが、生活習慣や、どちらを家庭で食べてきたか、ということが嗜好の決め手になるでしょう」

とフード・アクティビスト松浦達也氏が言うように、アンケート回答にも、明確な支持の理由よりは「昔から食べているから」という意見が多く見られた。また、たびたび議論になる目玉焼きの調味料対決ではソース派という意見も少なくなかった。

「自分にとっての定番」だからこそこだわりもあるだろうが、別のものに手を伸ばしてみたら、新しい発見が待っているかも。

【松浦達也氏】

フード・アクティビスト。チェーン店から一流店まで知り尽くす専門家として多方面で活躍中。近著に『新しい卵ドリル』など。

アンケート/エコンテ

― ライバル商品で対決! ―

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ