マツコ「夢あるぞ」と興奮!月収200万が可能?スポーツ実況アナの養成講座に潜入!

テレビドガッチ

2018/11/3 08:00

マツコ・デラックスが番組スタッフと企画会議を行い、今話題のディープな場所と中継を結んで、そのエリアを深掘りしていく番組『マツコ会議』(日本テレビ系、毎週土曜23:00~)。11月3日の放送は、スポーツ実況のアナウンサー養成講座から中継を結ぶ。

多チャンネル化や配信コンテンツの増加、2020年に迫る東京オリンピック・パラリンピックに向けて、需要が高まるスポーツ実況のアナウンサー。養成講座には、これからアナウンサーを目指す人やすでにデビューしている人が、技術を学んだり、磨いたりするために通っているという。

中継班が教室の中に入ると、ちょうど授業の真っ最中。「感覚トーク」という、朝起きてから教室に来るまでに感じたことを1分にまとめて実況し、その人がラジオ向きなのか、テレビ向きなのかなど、アナウンスの傾向を探る授業が行われていた。さっそくマツコも朝起きてから、スタジオへ来るまでのエピソードを披露。その話を聞いた養成講座の先生は「テレビ向きです」と即答。マツコも、「もう私は心底テレビなのよ! テレビがあたしを産んだのよ、この悪魔を産んだの!」と納得する。

スポーツ実況のアナウンサーといえば、これまでは局アナが主流だったが、近年は第二の人生として、フリーの実況アナウンサーに転向する人も急増。実況アナウンサー歴4年で、Jリーグの実況中継も担当する男性は、大手企業に入社したものの夢を諦めきれず、思い切ってフリーの実況アナウンサーに転身したという。自分の好きなことを仕事にできているので毎日が楽しいという男性だが、その一方で、苦労も。事前準備が大変な上、実況歴も浅いため、収入も思った以上に増えないと、厳しい現実を吐露する。

しかし、養成講座の先生は、多いときで月30もの実況をこなし、月収が200万円近くになったこともあると告白。激しい収入格差に驚きを隠せないマツコだったが、実況アナ歴4年の男性に対しては、「夢あるぞ!」と激励を忘れない。

また、女性はアナウンサーとしてよりもリポーターとしての需要の方が多いそうで、父親が競走馬の調教師だという女性は、「たまに父を通して仕事が入ります」と暴露。父親に興味津々のマツコがネットで検索すると、驚くべき経歴が明らかになる。

他にも、フリーになった局アナに仕事を取られるのを危惧する愛嬌たっぷりの生徒や、変わった職歴を持つデビュー前の男性など、個性的な生徒たちが次々と登場。マツコと爆笑トークを繰り広げる。

あなたにおすすめ