5年後、10年後は今よりキレイ? 進化できる女の特徴5つ




20代のうちは若くてちやほやされていた、でも30代以降はどうなるの? とひそかに不安を感じていたりしませんか。でも30代からは若さだけでなく自分のライフスタイル、価値観や経験で自分を磨いてゆきたいもの。今から5年後、そして10年後に今よりもっとキレイに進化できる女子に必要なことは何でしょうか?

進化できる女…その特徴とは!

1. 自意識が強すぎず、変われる柔軟さがある

年齢を重ねるごとに美しさを深められる人は、加齢による変化をポジティブに受け止め、柔軟に変化してゆけるから。自分の若い時のルックスにこだわりすぎず、その時々で“いいな”と感じたものは気軽にトライして、よければ取り入れるし、ダメなら止めておく、そんなことが自然とできているのです。
妙に自意識過剰で年を取ることを悲観してばかりでは、そんな変化を受け入れられず、魅力を増すことはできません。

2. 流行に飛びつくのではなく、厳選してチョイスできる



ファッションメイク、世の中にはいろんな流行があります。20代のうちはそれらを敏感にキャッチしながら自分のポテンシャルを広げてゆくといいでしょう。
でも30代に差しかかったら、そろそろ自分の好みやスタイルをしっかり持っておきたいもの。流行へのアンテナはしっかり張りつつ、自分に本当に似合うものを取捨選択できるかどうか、ここが進化できる女とそうでない女の境目です。

3. 全てにおいて完璧を求めすぎず、どこか力が抜けている

いくつになっても外見でいろいろな先入観を持たれてしまうのは女子の宿命かもしれません。でもそこで何もかも手を抜かないで完璧に決めてしまうのは、かえって不自然さを感じさせてしまうでしょう。年齢が上がるほど作られたキレイさより自然体な親しみやすさのようが好意を持って受け止められるようです。
短所やコンプレックスを隠そうとするより、うまく付き合ってゆくことで絶妙な“抜け感”を生み出せるでしょう。

4. どんなとき自分がもっとも輝けるか、知り尽くしている



“この人キレイだな”と他人に印象づけるのは、顔の造形ばかりではなく、ヘア、ファッションなどの他にも、声や表情、そして全身から発せられるその人特有のオーラなどが挙げられます。だからこそ自分がどんなとき心から笑ったり、喜んだりしていい表情になっているか、輝いているか、よく知っておくことが大切。
好きなことをしているとき、愛する人と過ごしているとき、自分がどんな表情をしているか研究しておきましょう。

5. 周りの人を包み込むような優しさや包容力が感じられる

ラストは内面的なことですが、いくつになってもほんわかした優しさや柔らかさを感じさせる女性はとても魅力的に映ります。年齢が上がるにつれ、年上であることで威圧感を感じさせたり、逆に自虐的キャラにはしったりするのはとても残念。
周りの人を包み込むような優しさ、人間としての大きな包容力を持つ人ほど年齢とともにキレイオーラも上がってゆきます。

あなたにおすすめ