菅田将暉主演作で笑福亭鶴瓶が原作“再現度100%”で出演決定「そのまんまやんけ!」

ザテレビジョン

2018/11/3 06:00

映画「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズ(2005年ほか)や、「永遠の0」(2013年)などを手掛けた山崎貴監督の最新作で、菅田将暉が主演を務める映画「アルキメデスの大戦」に、笑福亭鶴瓶が出演することが分かった。

同作は、三田紀房の同名漫画を映像化したもので、1930年代、アメリカとの開戦を視野に入れた大日本帝国海軍を舞台に繰り広げられる、「戦艦大和建造」を巡る知略・謀略、そして“数学”を駆使した頭脳戦の模様を描く歴史エンターテインメント。

菅田が演じるのは、日本の命運を握る天才数学者・櫂直(かいただし)。鶴瓶は大阪の小さな造船会社「大里造船」の社長・大里清役で、主人公・櫂の考えに賛同し「戦艦大和」建造計画を止めるべく協力する役どころ。

驚くのはこの大里が、三田が鶴瓶をモデルに作ったキャラクターであること。

実写化に当たり、オファーを受けた鶴瓶は快諾し、「漫画で出てくるそっくりのキャラクターを演じると聞いて何のこっちゃと思って読んでみたら、『そのまんまやんけ!』と驚きました!

原作だと会社も『鶴辺造船』でしたし(笑)。 漫画通りやるなら、それはもう僕が一番だと思います! 原作者の三田先生は僕に内緒で漫画を描きはったみたいですけど、出演を聞いてすごく喜んでいたようで、僕もうれしかったです」とコメント。

■ 三田紀房「漫画でも実写でも神です!」

それを受けた三田は「元から鶴瓶師匠の大ファンで、番組はほとんど見ています。漫画では主人公の櫂直をサポートする重要な役なので、ここは存在感抜群の師匠にご登場願おうと。勝手に描いて申し訳ありません。それもノーギャラで(笑)。作画中は師匠から自然にせりふがどんどん出てきて、物語作りがすごく進みました。

漫画でも実写でもキャラクターとして神です! 映画になると聞いたとき、真っ先に『鶴瓶師匠は出ていただけるの?』と聞いてしまいました。今回望みがかなってとてもうれしいです。完成を心待ちにしています」と喜びの声を寄せた。

そんな鶴瓶は本作で、戦艦にまつわる難解な専門用語も交えた長ぜりふにも挑戦。撮影は35℃を超える猛暑の中で行われ、OKが出ると「オッケーや!」とガッツポーズをし、山崎監督と喜びの握手を交わした。山崎監督も「漫画から出てきたみたい」と、うれしそうに鶴瓶の演技を見詰めていた。

撮影について鶴瓶は「山崎監督とはぜひご一緒したかったので、出演できて本当に良かったです。撮影現場の雰囲気が非常に良かったのが印象的でした。

スタッフもキャストもみんなでわきあいあいとして、もっと長い間撮影していたかったです。主演の菅田将暉くんとは番組で何度も一緒にやらせてもらいましたが、俳優として人気も実力もすごい勢いで伸びていっている人と、こうやって一緒に映画を作れるのは面白い経験でしたね。湿度と気温が半端ない現場でしたが、楽しかったです!」と振り返った。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/168019/

あなたにおすすめ