おやつにバターを食べてマイナス30kg!?運動なしでOKなダイエット法を紹介

テレビドガッチ

2018/11/3 06:00

大竹一樹(さまぁ~ず)とユースケ・サンタマリアがMCを務める番組『オータケ・サンタマリアの100まで生きるつもりです』(テレビ朝日系、毎週月曜24:20~)の90分スペシャルが、11月3日(土)14時55分から放送される。

人生100年時代に突入した現代を「元気に楽しく」暮らすために、独自の健康法や食事法、趣味などを実践して100歳まで生きそうな人=“100生きさん”を取材し、そのライフスタイルから長生きするためのヒントを学んでいく未来志向の健康バラエティ。取材ディレクターが「これが健康の秘訣じゃない?」と考えた元気の素を、大竹とユースケが自身の今後の人生に取り入れるか判断する。

今回のスペシャルでは、今年100歳を迎えた“100歳さん”に密着取材を敢行。取材当日がちょうど100歳の誕生日だったというシヅさんは、医者にかかったこともないほど元気に毎日を暮らし、今でもお肌がツヤツヤ! シヅさんの元気の秘訣は朝ごはんに必ず食べる特製の納豆だという。身体に良い様々な食材を入れた、シヅさん特製の納豆の秘密とは?

シヅさんのほかにも“100歳さん”が続々登場。ヒロシさんが、人生100年間で一番美味しかったものとは? キヌエさんが20年間毎日欠かさず食べている、きな粉かぼちゃ牛乳とは? 実際に100歳の方が行っている説得力バツグンの健康法や元気の秘訣に、大竹とユースケも驚く。

そして、長生き、健康法とは縁遠いと思われる「脂」。しかし、48歳のシゲキさんは「脂」を使った常識を覆すダイエット法を考案した。それは「食事の前に牛脂を大量に摂る」という方法。「脂を食べることで脂が落ちる」と、シゲキさんはこの方法で30kgのダイエットに成功したという。例えば、焼肉店ではまず、焼いた牛脂を食べてから肉を食べ、玉ねぎなど糖分が多い野菜は一切口にしない。サラダには砂糖が多いからと、ドレッシングは使わずオリーブオイルと塩のみをかける。脂肪を主食とし、炭水化物は一切口にしない、糖質オフのダイエット生活だという。また、小腹が空いたらおやつがわりにスライスしたバターをパクパク。それで運動はしなくても体重が落ちるという。果たして、大竹とユースケはこのダイエット法に納得するのか?

番組ではほかに、80歳を過ぎても美しく歩けるという「ハイヒールウォーキング」や健康なご長寿に好評な「ガンバルーン体操」を紹介する。

あなたにおすすめ