「2・5次元俳優」崎山つばさが映画初主演、裏社会の解決屋に

 アニメやゲームから派生した舞台などで活躍する2・5次元俳優でNo・1の人気を誇る崎山つばさ(28)が映画初主演する。新宿・歌舞伎町を舞台にしたアクションエンターテインメント「クロガラス」(来年春公開)で、裏社会のトラブルを片付ける“解決屋”を演じる。

 ゲームを原作にした舞台「刀剣乱舞」などに出演しブレーク。今年7月に同作のパリ公演で海外進出したほか、9月には「Crescent Moon」でソロ歌手デビューした。映画は2作目の出演。小南敏也監督のオリジナル作品で、3人組の解決屋「黒鴉(くろがらす)」のリーダー役を演じる。「表情や感情を押し殺して人間味を出さないよう気を付けました。殴り合いのシーンもあったりして、ファンの方には“黒つばさ”を楽しんでもらえる」と話している。主題歌「Re:quest」の作詞にも初挑戦した。

あなたにおすすめ