マイケル・ジャクソン、圧倒的すぎる死後の稼ぎ

マイケル・ジャクソンが、「亡くなったセレブ長者番付」で6年連続首位を飾った。

2009年に50歳の若さでこの世を去ったマイケルは、昨年EMIが所有していた著作権がソニーに移ったこともあり、4億ドル(約450億円)もの金額を稼いだそうだ。フォーブスによると、ほかにも2017年から放送されているアニメ特番の収入などが含まれているという。

遺産管理団体マイケル・ジャクソン・エステートの共同遺言執行者ジョン・ブランカ氏は「『チャーリー・ブラウンのクリスマス』や『チャーリー・ブラウンのサンクスギビング』が毎年放送されています。そして『マイケル・ジャクソンのハロウィン』も然りです。不朽の番組となることを願っています」とコメントした。

マイケルに続いては、エルヴィス・プレスリーがレコードセールスのほか、メンフィス、グレースランドの5600坪に及ぶ関連施設での売り上げなどで、亡くなって40年余りが経過してなお4000万ドル(約45億円)を稼ぎ、2位につけた。

ベスト10には、ミュージシャン以外ではゴルファーのアーノルド・パーマー、スヌーピーの生みの親チャールズ・M・シュルツ、絵本作家ドクター・スース、雑誌「PLAYBOY」創設者のヒュー・ヘフナー、マリリン・モンローらがランクインしている。

☆フォーブス誌「亡くなったセレブ長者番付」

1位 マイケル・ジャクソン 4億ドル(約450億円)
2位 エルヴィス・プレスリー 4000万ドル(約45億円)
3位 アーノルド・パーマー 3500万ドル(約40億円)
4位 チャールズ・M・シュルツ 3400万ドル(約38億円)
5位 ボブ・マーリー 2300万ドル(約26億円)
6位 ドクター・スース 1600万ドル(約18億円)
7位 ヒュー・ヘフナー 1500万ドル(約17億円)
8位 マリリン・モンロー 1400万ドル(約16億円)
9位 プリンス 1300万ドル(約15億円)
10位 ジョン・レノン 1200万ドル(約14億円)

あなたにおすすめ