【九星フラワー占い】11月の三碧木星は「迷わずにSay YESで!」

OTONA SALONE

2018/11/3 00:06



1年の区切りを前にして、本来の自分の姿を見直すようなことが、多くの人におきそうな月です。これまでのことに一区切りさせつつ、これからの展開が見え始めるような、静かな興奮を味わえるのではないでしょうか。この流れに上手にのっていくポイントとは?

※三碧木星の生まれ年は1961年、1970年、1979年、1988年です。

ただし、1月1日~2月4日、5日生まれの場合は前の年の生れになります。

楽しいことに飛びつく素直な感性が素晴らしい!


三碧木星の人を見ていて感じることが多いのは、その反射神経の素晴らしさです。

新しい物、心躍る楽しい物に出会った時の感度の良さと言ったら!

例えば仕事などで業者が持ってきた制作物に対して、それは社内的にOKなのかNGなのか……という空気が流れているなかでも「おもしろい!」と声を挙げます。

また、正しくない行い、無礼なことをされたときも反応が早く、「なんですって⁈」と真っ先に声を挙げます。

なんと壮快なのかと惚れ惚れします。

三碧木星の「いいね!」が世界に活気を与える


この、「声を挙げる」とうことは自分の役目なんだと意識してみてください。

過ちの指摘やクレーム的なものより、いいところ、ユニークだと思ったことに「いいね!」と声をかけ、何かよくないことが起こりそうだと直感したら「危ない!」と声をあげてください。

このことによって世の中は活気づき、起きなくていい事故や事件を防ぐことができるのです。

「そんな大げさな」と思うかもしれませんが、たぶん気が付かない間に、すでにこういった役割をはたしている三碧木星は多いと思います。

ちなみに。政治家に対して厳しい発言をし、同時にアイドル好きでAKB48のファンだと公言しているジャーナリストの田原総一朗さん、三碧木星の生れです。

楽しいイベントの誘いには乗っていくのが正解


厳しい発言をしてください、ということではありません。どちらかというと人をハッピーにする言葉を積極的に口にしてください。

きっと今度はあなたが楽しい言葉を人からかけてもらえるはず。

今月は食事会などへの誘いの声も多くなりそうです。答えはYES、ぜひ出席してください。高い確率でかなり美味しい物が食べられるでしょう。

また、ボーナスへの上乗せといった金運アップのきっかけにもなりそうです。

今月の恋愛運と金運は?


この11月、モテ星の場所に座るのは三碧木星。つまり恋愛運№1ということです。

会話が弾む楽しい男性、もしかしたら年下かもしれませんが、出会えそうな星まわりです。

調子にのって自分のことを何でも話したり、少々キツめのツッコミを入れてしまいそうですが、女性として意識してもらえなくなるのでNG。注意してください。

金運は、食事をご馳走になったり、お土産をもらったり、食費が浮くことがちょこちょことありそうです。お礼をきちんと伝えると、さらに金運アップにつながります。

今月の開運アイテムはこれ!


ラッキーカラーは、ネイビーとピンク。

メイクで取り入れるのもいいですが、おすすめはスカーフやマフラーなどの巻き物!

いい声を発し続けるために首喉を元気にするおまじないです。

ラッキーパーソンは、いくつになっても天真爛漫な女性。一緒に食事をすると、不思議と恋愛運がアップします。

ラッキーフードは、レモンスカッシュ。なんとなく考えがまとまらない時に飲んでみて。

ポジティブで楽しい発想が自分の中からわいて出てきます。

朝顔の花が象徴する三碧木星の魅力とは


夏の暑さの中、しおれる草花も多い中で、夜明けとともに花開き、朝露にキラキラと輝く朝顔。このまぶしいほどの生命力は三碧木星の魅力をあらわしています。三碧は朝日のエネルギーをあらわす星で、前日に悲しいことがあり傷ついたとしても、朝になればかならず空に昇り始める太陽のように復活をとげ、笑顔をとりもどして楽しいおしゃべりができる、その明るさが周囲の人にも元気を与えています。ですから、過去のことにいつまでもくよくよしていては、三碧の魅力も半減! 朝顔の花言葉は「愛情」「かたい絆」です。

※全体の運勢を知りたい人はこちら( https://otonasalone.jp/87597/ )

あなたにおすすめ