職質中にもみ合い、10代少年の顔にケガ… 20代巡査の退職に「モヤモヤする」の声も

しらべぇ

2018/11/2 21:00


(akiyoko/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

大分県警中津署の20代の男性巡査が、職務質問中にもみ合いになった10代少年にけがを負わせたとして、10月10日に特別公務員暴行陵虐致傷の容疑で書類送検されていたことが判明。

当時の状況とその後の展開に、ネット上では疑問の声があがっている。

■職務質問中に揉み合いに


読売オンライン」によると、この事件が起こったのは9月中旬。

中津市をパトカーで巡回中、巡査は騒音を立てながらオートバイで走行する少年らを発見し、道交法違反の疑いで停止を求めて職務質問を行なった。だがその際、バイクを降りた少年と口論になり、もみ合ううちに引き倒して、顔に軽傷を負わせた疑いがあるという。

県警は書類送検についてこれまで公表しておらず、なお事件後、巡査は依願退職したという。

■「モヤモヤする」との声も


権力を振りかざし、不当にケガを負わせるのは、当然ながら許されない行為だ。しかし、職務質問中という状況たったこともあり、ネット上では「お互い様だったのでは」「モヤモヤする」などの声が。

・曖昧なところが多く、モヤモヤします

・少年の態度がおかしかったから職務質問したんじゃないの

・退職で良かったのか? 警察官が取締に躊躇するようにならないか心配だ

・これお巡りさんが、悪いの?

・警察官を辞めるほど悪いことしてないのに…

・警察官は当然の職務をしただけでしょ? 辞めるのが間違ってるよ…

■半数が「警察の取り締まりは卑怯」


ちなみに、しらべぇ編集部が過去に行なった調査では、車所有者の過半数が「警察の交通違反取り締まりは卑怯だと思う」と回答。少年も、ついカッとなってしまった可能性がある。

(©ニュースサイトしらべぇ)

手荒な行為に出るのは決して許されないもののが、報道を見るかぎり一方的な過失があるとも思えないこの案件。警察官を辞めるほどの事情・背景があったのか、気になるところだ。

・合わせて読みたい→暴走車に警官が7発発砲し、運転の男に命中 「発砲は当然」「警察見直した」と称賛相次ぐ

(文/しらべぇ編集部・尾道えぐ美

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2016年6月24日~2016年6月27日
対象:全国20代~60代の自動車所有者839名(有効回答数)

あなたにおすすめ