【2.5次元舞台まとめ】「鉄コン筋クリート」若月佑美&三戸なつめ共演  19年に「刀ミュ」再演&新作ライブ

アニメハック

2018/11/2 20:30

舞台「鉄コン筋クリート」ビジュアル
舞台「鉄コン筋クリート」ビジュアル
(C)松本大洋/小学館 (C)2018舞台「鉄コン筋クリート」製作委員会
 ミュージカルや舞台劇など多彩な展開を見せている「刀剣乱舞」から、アニメに先行して舞台が上演された「少女☆歌劇 レヴュースタァライト」プロジェクトまで、バラエティ豊かな2.5次元舞台。最近は、原作のイメージそのままのビジュアル写真に驚かされることも多い。「アニメハック」のイベントカレンダーから、注目イベントをピックアップしてご紹介。

松本大洋氏の代表作で、2006年に劇場アニメ化もされた「鉄コン筋クリート」がはじめて舞台化される。「乃木坂46」の若月佑美がクロ、モデルの三戸なつめがシロを演じ、演出は来年2月に舞台「機動戦士ガンダム00-破壊による再生-」の演出・脚本を手がける松崎史也が担当する。11月18~25日に、東京・天王洲銀河劇場で上演。

ミュージカル「刀剣乱舞」のシリーズ第3作「~三百年(みほとせ)の子守唄~」の再演が2019年1~3月に東京・大阪・京都で行われる。今回の再演では、第1部にミュージカル「三百年の子守唄」の上演、第2部には刀剣男子による新たなライブパフォーマンスが披露される。また、新作「髭切膝丸 双騎出陣2019」が来年に東京で行われることも決定している。

2019年放送のテレビアニメ「pet」(原作:三宅乱丈)と同時発表された、舞台「pet ―壊れた水槽―」は、12月6~8日上演夜の部でアフタートークイベントが実施される。メインキャスト植田圭輔を中心に、桑野晃輔、谷佳樹、萩野崇、伊勢大貴が日替わりで登壇して公式ツイッターで募集した質問への回答も行われる。なお、2019年にはもうひとつの舞台「虹のある場所」の公演も予定されている。

あなたにおすすめ