こ、これは出火吐暴威!? え? いやいや、文字化けじゃありませんよ…

roomie

2018/11/2 20:30

浮世絵って江戸時代のものだと思っていました……。

でも実は、「浮世」という言葉には、「今」「現代」という意味が込められているのだとか。

だから、現代で活躍したアーティストが題材になっていても、オカシイ話じゃないんです!

デヴィッド・ボウイ…?


現代のスターを伝統木版画で表現する「UKIYO-EPROJECT」

第一弾のKISS、第二弾のアイアン・メイデンに続き、第三弾の今回は、イギリス人ミュージシャンのデヴィッド・ボウイが題材に選ばれました!

出火吐暴威』=デヴィッド・ボウイってなわけですね。

ウェルカム・トゥ・ザ・ブラックアウト~ライヴ・ロンドン’78

関連商品:ウェルカム・トゥ・ザ・ブラックアウト~ライヴ・ロンドン’78

¥3,092 Amazonで見てみる

色物ってわけでもないのね


これだけ見ると、浮世絵のイメージからはかけ離れたような印象を受けます。

ですが、人気のあった人物や風景を描いていたのが本来の浮世絵なので、「UKIYO-EPROJECT」もそのスタンスを継承してるとも考えられます。

それにしたって、和洋折衷というか、すごいインパクトですけどね……。

あの大英博物館に!


この浮世絵作品は『出火吐暴威変化競(デヴィッドボウイへんげきょう)』と名付けられ、「竹沢藤次(たけざわとうじ)」「鬼童丸(きどうまる)」の2作品が生み出されました。

そして、なんとこの2点は、イギリス・ロンドンにあるあの大英博物館に所蔵されるんだとか。

ぜひともこの目で実物を見たいけど、なかなかに遠いなあ……!

日本の伝統を現代にアップデートし、世界に発信するこのプロジェクト、今後の活動にも期待です。

ウェルカム・トゥ・ザ・ブラックアウト~ライヴ・ロンドン’78

関連商品:ウェルカム・トゥ・ザ・ブラックアウト~ライヴ・ロンドン’78

¥3,092 Amazonで見てみる

あわせて読みたい:
[blogcard url="https://www.roomie.jp/2018/09/456760/"]
[blogcard url="https://www.roomie.jp/2018/10/458580/"]
[blogcard url="https://www.roomie.jp/2018/10/453156/"]

UKIYO-E PROJECT 第三弾作品!デヴィッド・ボウイを題材にした現代浮世絵が大英博物館に所蔵 

あなたにおすすめ