武田梨奈「ただの青春映画にしてはいけない…」 『ボクはボク、クジラはクジラで、泳いでいる。』への思い明かす

和歌山県太地町立くじらの博物館を舞台にした映画『ボクはボク、クジラはクジラで、泳いでいる。』(11月3日より全国順次ロードショー)で東京の水族館からやって来た日本一を目指すトレーナー・白石唯役を演じている武田梨奈が、オフィシャルブログに本作への思いを明かした。出演のオファーを受けた当初は、「ただの青春映画にしてはいけないな」と戸惑いもあったという。

太地町(たいじちょう)は日本の古式捕鯨発祥の地といわれ、1606年(慶長11年)から捕鯨の歴史がある。「くじらの町」として1969年には太地町立くじらの博物館を建設、町章はクジラ、町のマスコットキャラクターはゴンドウクジラと「くじら」による観光を振興する町だ。

そんななか2009年8月に太地町でのイルカ追い込み漁を批判的に描いたドキュメンタリー映画『ザ・コーヴ』が公開され、太地町側は科学的根拠に基づいておらず町の歴史や誇りを傷つける不当な行為であると映画を批判した。また、反捕鯨団体「シーシェパード」による漁業の妨害行為などが起きている。

映画『ボクはボク、クジラはクジラで、泳いでいる。』はクジラを愛する青年を中心に博物館を盛り上げようとする人びとの奮闘を描いており、飼育員のリーダーに選ばれる主人公・鯨井太一役で矢野聖人が映画初主演に挑んでいる。

東京の水族館からピンチヒッターとしてやって来た白石唯(武田梨奈)や学芸員の間柴望美(岡本玲)など同僚たちも太一をサポートするが、来場者の低迷に悩む。しかし、太一の発案で「くじら夢まつり」の開催に向けて準備を進めるのだった…。

メガホンを取った藤原知之監督は、本作について「青春群像劇であり捕鯨問題について直接意見を示すものではない。難しいことではあるが、それぞれの文化を尊重し合い歩み寄れれば」との趣旨を話している。

ただ、武田梨奈は10月30日にオフィシャルブログで「捕鯨の件で世界的にも社会問題になったりしていたので、私はどの立場でこの作品に携わっていいのか正直分かりませんでした」と明かす。彼女は偏った目線にならぬよう事前にドキュメンタリー映画を観たり、関連記事を読んだという。

さらに太地町立くじらの博物館へも足を運んでクジラと触れ合い、現地の方々のお話を聞いて「これは映画に残したい」と心から感じたうえで撮影に臨んでいるのだ。

トレーナー役を演じた彼女は「不可能に近い」と言われたクジラのショーを全て吹替えなしで自ら行った。「何よりも私の中で大きな存在といえば、コビレゴンドウのヴィータです。体重650キロの甘えん坊で仲間思いのヴィータ。一時期、クジラのヴィータが夢に出てくる日がよくありました。ヴィータに何度も助けられたなあ。きっと、相方がヴィータじゃなかったらここまで出来なかっただろうな、と今でも思います」とそのロケを振り返る。

そのように本作に関わった誰もがクジラたちや現地の人々からいろいろなものを学んだのではないか。武田は「観てくださった方々が、この作品をどのように受け取るかは分かりません。ただ私達は、くじら様へ敬意を持って、この映画に携わらせていただいたことをここに誓います」と告げていた。

画像は『武田梨奈 2018年10月30日付オフィシャルブログ「2018/10/30」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

あなたにおすすめ