平野紗季子の“理想の手みやげ” 銀座、渋谷、新宿で見つけた6点!

ananweb

2018/11/2 19:30

銀座、渋谷、新宿。気軽に立ち寄れる3つの街から、平野紗季子さんのとっておきセレクトをお届けします。ショートエッセイをお菓子に寄せて。

■ 平野紗季子がいつもの街で。手みやげを探しに。

人生に突然はつきもの。急な約束、急なお呼ばれ。手みやげだって突然必要になるものです。

そんな時「あの限定希少クッキー缶」とか、「あの坂を登ったお菓子屋さんの特別なケーキ」とかって買えたらいいけど手に入らない。とはいえ定番手みやげで妥協はしたくない。

だから移動の合間のハブ駅で、見慣れたいつものデパ地下で、ちょっと目を凝らして「これはいいぞ」な素敵お菓子を、たくさんディグって見つけてきました。

時間がなくても愛が伝わる平野紗季子のおすすめ手みやげ、紹介します。

■ 銀座:夢がある街だから驚きのあるものを。

【DEMEL(デメル)松屋銀座店 生クッキー(特製パッケージ)】手のひらサイズの宝石箱に、デメル謹製生クッキーがぎっしり。しかも二段重ねの夢仕様。一粒食べるごとに心がぱぁっと明るくなります。

口に入れるとほろりと崩れる半生タイプのクッキー。マジパンやガナッシュなど10種類入り。全国の限定店舗で販売。10個入り¥3,000 東京都中央区銀座3-6-1-B1 TEL:03・3561・4565 10:00~20:00 不定休(松屋銀座店に準ずる)

【Libertable(リベルターブル)松屋銀座店 マドレーヌ オ トリュフ ノワール エ フロマージュ】菓子より酒の民たちに絶大な支持を集めるお菓子です。黒トリュフと山羊のチーズが入った黒々としたマドレーヌは、シャンパンやワインとの相性が抜群。

山羊乳のチーズ“シェーブルチーズ”を使用したマドレーヌ。黒トリュフの香る生地は大人の味わい。5個入り¥1,600 東京都中央区銀座3-6-1-B1 TEL:03・3567・1211(代) 10:00~20:00 不定休(松屋銀座店に準ずる)

■ 渋谷:変化する景色の中に愛される王道が。

【たねや 渋谷東横のれん街店 ふくみ天平(渋谷東横のれん街店、渋谷東急本店限定パッケージ)】蝶柄の黄色いキュートな菓子箱は渋谷限定デザイン。自分で挟むタイプの最中は、香ばしい生地にピュアなあんこが映える、安定のおいしさ。

求肥のもちもち感とみずみずしい粒餡も楽しめる。6個入り¥1,000 東京都渋谷区渋谷2-24-1 東急百貨店 東横店 東横のれん街(渋谷マークシティ)B1 TEL:03・3477・3111(代) 10:00~21:00 無休(東急百貨店 東横店に準ずる)

【ル パン デュ ジョエル・ロブション 渋谷ヒカリエ ShinQs店 カヌレ】見つけちゃったと思いました。ロブションのパン屋さんで、レジ横に売られていたカヌレ箱。箱の中にはバニラ香る小粒のカヌレがぎっしり。信頼のおいしさにして値段も手頃。大人数へのプレゼントにも良さそう。

カリッと香ばしいカラメルの内側には、バニラ生地が。一口サイズのカヌレ。9個セット¥788(税込み) 東京都渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエ ShinQs B2 TEL:03・6434・1837 10:00~21:00 無休(渋谷ヒカリエ ShinQsに準ずる)

■ 新宿:愛らしいひと箱を雑踏から見つけ出す。

【メリーチョコレート 京王百貨店新宿店「ルル メリー」】これは優勝。もうかわいすぎる。可憐なボックスに品のあるチョコ菓子。パッケージから女子のハートを鷲掴み。実は老舗メリーチョコレートの新ラインで、2個入り350円からなのも嬉しい。

サブレはヘーゼルナッツ&スイートチョコレートとマカダミアナッツ&ミルクチョコレートの2種。上段右上から時計回りに、ショコラテリーヌグリオット¥1,200 ショコラサブレ 2枚入り¥350 同 8枚入り¥1,000 同 16枚入り¥2,000 東京都新宿区西新宿1-1-4 TEL:03・3342・2111 10:00~20:30(日・祝日~20:00) 無休(京王百貨店に準ずる)

【BAKED(ベイクド)伊勢丹新宿店 右から、クランベリーショートブレッド、クリンクルクッキー】ブルックリン生まれのBAKEDは、定番のアメリカンクッキーにスパイスや塩を効かせて個性を出した魅力的な焼き菓子たち。味もおいしく、外見もかわいい。言うことなしの理想の手みやげ。

塩気の効いたショートブレッドはほろほろ軽い食感。クリンクルクッキーはミントの香りが。右・8個入り¥1,080 左・8個入り¥1,000 東京都新宿区新宿3-14-1 伊勢丹新宿店本館B1 TEL:03・3352・1111(代) 10:30~20:00 不定休(伊勢丹新宿店に準ずる)

平野紗季子さん 1991年生まれ。フードエッセイスト。著書に『生まれた時からアルデンテ』(平凡社)が。弊誌ほか、POPEYE「続・味な店」など連載多数。

※『anan』2018年11月7日号より。写真・市原慶子 エッセイ・平野紗季子

(by anan編集部)

あなたにおすすめ