23年ぶり女優復帰の仙道敦子「徹子の部屋」に出演、『変わらず美しい』と絶賛の声

ザテレビジョン

2018/11/2 19:25

11月2日放送の「徹子の部屋」(テレビ朝日系)に、女優の仙道敦子が登場。夫・緒形直人とのエピソードや義父・緒形拳さんとの思い出などを語った。

今年23年ぶりに女優復帰を果たした仙道。現在、俳優として活動する22歳の長男・敦を筆頭に、3人の子供を持つ母親でもあるが、相変わらずの美貌に、黒柳徹子も「ほとんどお変わりない」と褒める。

緒形家に嫁いで25年となることに、仙道は「気が付くと25年たってたんだな」と言い、子育てで忙しい日々を過ごしながらも、楽しかったと振り返る。

子役から芸能界に入った仙道は、義父の緒形拳さんとは、夫の直人と出会う前にすでに出会っていたため、直人と付き合っている時に家に遊びに行った際には、とても驚かれたと告白。

仙道も拳さんが義父になるとなった時は「ちょっと結びつかなかったですね。偉大なる、尊敬する俳優さんなので」と緊張した部分もあったが、慣れると普通の父親だったと明かす。

一方、直人は「割と普通の感覚を持っていて、(自分とも)似ている部分が多かった」と、すぐに打ち解けられ、結婚に至ったという。

また家族の中では直人が一番明るく、「悩み事があると、解決してくれるのが主人の一言」と夫への感謝も口にした。

そして、23年ぶりの女優復帰については「ご縁でしかない」と言い切る。

女優復帰について相談したらすぐにドラマの話があり「最初はちょっと無理なんじゃないかっていう気持ちが強かった」が、これまでの人生を振り返り、いろんな人に助けられて来たので「これも一つのご縁かなと思いまして、やらせていただきました」と話した。

そんな仙道にSNSでは「素敵な大人になっている」「透明感と気品のある女優さん」「 次の作品を早く見たい」「変わらず美しい」などとコメントが寄せられていた。

次回の「徹子の部屋」は11月5日(月)昼0時より放送。ゲストに三田佳子が登場する予定。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/167908/

あなたにおすすめ