広瀬章人八段が初勝利 羽生善治竜王に逆転勝ちで一矢/竜王戦七番勝負第3局

AbemaTIMES

2018/11/2 18:33


 将棋の第31期竜王戦七番勝負の第3局が11月1、2日、茨城県鹿嶋市の「鹿島神宮」で行われ、挑戦者の広瀬章人八段(31)が羽生善治竜王(48)に130手で勝利した。第1、2局と羽生竜王に敗れ、追い込まれていた広瀬八段だったが、終盤の逆転劇で待望の白星を手にした。

 竜王のタイトルに初挑戦の広瀬八段は、初戦から2連敗と苦しいシリーズで、第3局もかなり追い込まれていたが、羽生竜王が終盤に見せた一瞬のすきを逃さなかった。対局後は「連敗スタートになってしまっていたので、3連敗してしまうと追い込まれてしまうので、ホッとしています。1つ勝ててホッとしているところではあるのですが、4局目以降も頑張りたいと思います」と語った。

今回の対局を終えて、2人の通算対戦成績は羽生竜王の17勝9敗。第4局は11月24、25日、京都府福知山市「福知山城」で行われる。対局の持ち時間は各8時間の2日制。AbemaTVではこの対局を終了まで生中継する。

(C)AbemaTV
▶11/2(金)8:30~ 第31期 竜王戦 七番勝負 第三局 2日目 羽生善治竜王 対 広瀬章人八段 ▶11/7(水)9:50~ [将棋情報LIVE]第77期順位戦 A級第5回戦 久保利明王将 対 糸谷哲郎八段

あなたにおすすめ