デヴィ夫人VS古市憲寿、騒動後初の直接対決「この身の程知らず!」

ザテレビジョン

2018/11/2 18:00

カンテレで放送中の「胸いっぱいサミット!」(毎週土曜昼0:00-1:00)。11月3日(土)の放送では、デヴィ夫人と社会学者の古市憲寿が登場。

先日、古市が朝の情報番組で、デヴィ夫人主催のチャリティーパーティーの参加者らを批判。

それに対しデヴィ夫人が激怒し、自身のブログで古市を痛烈批判した。そんな一触即発状態の2人が、騒動後初めて顔を合わせる。

番組冒頭、ハイヒール・リンゴから「古市さん、今日はちょっと緊張されているような?」との質問を受けた古市だが、「緊張と言うか、今日があって良かったです」と余裕の表情。

しかし、今回の収録は2人が収録開始までに出会わないよう細心の注意が払われ、ピリピリしたムードの中行われていたそう。

このような状況について、菊地亜美は「怖いよー。ヤダーこの回!」とおびえ、東国原英夫は「ゴングが鳴るよ! ゴングが!」と笑顔を見せる。

名物企画「怒りのクレームサミット」が始まると早速、デヴィ夫人が“古市へクレームをつけたいこと”を発表。2人の激論が始まり、思いの丈を主張するにつれ、デヴィ夫人の怒りのボルテージはさらに上昇。

「アナタの発言は許せないわ! この身の程知らずの古市氏!」や「若輩で! 社会学者であるならもっと非難すべきことがあるはず! 素直に謝ってください!」といった発言が飛び出す。

一方の古市はこの収録のために“ある準備”をしてきたと明かし、笑顔で歩み寄りを見せるが、なかなか決着とはいかず…。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/167662/

あなたにおすすめ