コンビニ強盗を未遂に防いだ店員と客 その逮捕劇に「ナイス連携プレー」と称賛の声

しらべぇ

2018/11/2 18:20


(TAGSTOCK1/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

2日未明、岡山市のコンビニエンスストアに包丁を持って押し入った、住所不定、無職の男(33)が強盗未遂の疑いで逮捕された。
ネットでは、店員と客が連携したその逮捕劇が話題となっている。

■「強盗だ!」と店員が叫ぶと…


男は午前2時前、岡山市北区のコンビニエンスストアで、レジにいた60代の男性アルバイトに刃渡り約14センチの包丁を突きつけ「金を出せ」と脅したという。

すると、男性店員は「強盗だ!」と叫び、ちょうど店に来た男性客がその声を受けて、110番通報したそうだ。駆けつけた警察官が、男を現行犯逮捕。幸いにも、けが人はいなかった。

男は現在、「金が欲しかった」と容疑を認めているとのことだ。

■「ナイス連携プレー」と称賛の声


図らずも起きた店員と客の見事なコンビネーションに、「ナイス連携」「奇跡的な逮捕劇」と称賛の声が相次いでいる。

・素晴らしい連携プレー。実際その境遇になったら自分ならできるだろうか? と思ってしまう

・またうまいタイミングで客が来て、声も出せたんだな。ナイス連携プレイ!

・警官が来るまでよく逃がさなかったね。そこもすごい

・時間帯が時間帯なだけに、結構奇跡的な逮捕劇だと思う

■「いくらでも働き口はある」


また、「金が欲しかった」という犯行動機を受け、ネットからは「働きなさい」「仕事を頑張るべき」と、強盗未遂がいかに的外れな行動かを指摘する声が多くあがった。

・包丁持って他人を脅す事が容易に出来るのなら、もっと働けると思う。他人に包丁向けるくらいなら、大変な仕事を頑張っている方がいいと判断すべき

・「金がほしかった」ではなく、「楽して金がほしかった」ですよね

・今は選ばなければある程度の働き口はあるんだから、働きなさい

・本当に身勝手。働くということがなぜ、頭に浮かばない? 前科ついたし、働ける可能性はほぼ消えたな

■お金は額に汗して稼ぐべき?


しらべぇ編集部では、全国20~60代の男女1,357名に「お金を稼ぐこと」についての意識調査を実施。その結果、「お金は額に汗して稼ぐべきだ」と考えている人は、全体で約6割に迫った。

(©ニュースサイトしらべぇ)

二人の活躍により、未遂に終わることとなった深夜のコンビニ強盗。ネットのコメントにもある通り、「お金が欲しい」という動機から「働こう」という思考に至らないのはなぜなのだろうか。

いずれにせよ、人気の少ない深夜のコンビニでは、こうした犯罪に用心するに越したことはないだろう。

・合わせて読みたい→「パチスロやりたくて…」コンビニ強盗に及んだ男 「国は規制すべき」の声も

(文/しらべぇ編集部・清水 翔太

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2018年2月9日~2018年2月13日
対象:全国20代~60代の男女1,357名 (有効回答数)

あなたにおすすめ