「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち」第六章回生篇エンディングテーマを歌う、山寺宏一からコメントが到着!

WebNewtype

2018/11/2 18:00

11月2日(金)から全国で公開される「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち」第六章回生篇。今回、エンディング主題歌「大いなる和」を歌い山寺宏一さんからコメントが届きました。

――オファーを受けたときの印象をお聞かせ下さい。

突然「ヤマトのエンディング主題歌が決まりました」とマネージャーに言われて。てっきりデスラーとして好敵手のようなイメージのオファーなのかと思ったら、「歌手として歌って欲しい」というお話だったんです。なにかの間違いじゃないかと思いました(笑)。とにかくびっくりしたのと、ありがたいっていう思い。がんばらなきゃいけないなって。

――曲や詞の印象はいかがでしたか?

昔、企画もののアルバムで「ヤマトより愛をこめて」を歌ったことがあるんですよ。『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』って『さらば宇宙戦艦ヤマト』のリメイクだから、そういう曲なのかなって思っていたんです。そうしたらプロデュースがS.E.N.S. Projectさんで、曲を聞かせて頂いたらとにかく素晴らしい曲でした。詞もきっと、みなさんが経験したことのあるような、懐かしい情景を歌っている、とても希望を感じさせる詞でした。

――レコーディングの様子をお聞かせ下さい。

S.E.N.S. Projectの中心人物である勝木ゆかりさんと、安全地帯のギタリスト武沢豊さんが実際にスタジオにいらしてディレクションして下さったんです。歌詞は台詞を言うように、その気持ちだけで歌ってくれたらそれでいい。心に刺さる、人の気持ちを動かす歌っていうのは、上手いとかテクニックがあるとか、そういうことではないんですと、おふたりは言ってくれました。そこで詞の内容と演奏、メロディを聞いて、それに乗っかるまま気持ちを込めて歌ったんです。上手く歌おうとか、そういうことは考えず、気持ちで。例えば、僕の地元宮城の風景を思い浮かべながら歌ってみたら、自分の中で色んな想いが溢れてきました。その気持ちが伝わってくれたらいいなと思いますね。

――ヤマト世代の山寺さんにとって、ヤマトのエンディングを歌うということは?

『宇宙戦艦ヤマト』は、僕が小さい頃から観ていた作品です。旧作から今作に至るまで、名だたる歌手のみなさんと名を連ねることになるわけですから、すごいことです。しかも重要な役、デスラーで出させていただいた上にさらにエンディング主題歌まで。ハンパないプレッシャーですよ!

――上映が迫る、第六章の見所をお聞かせ下さい。

まずは前章が、ヤマトが沈んだところで終わったんですよね。だからヤマトは一体どうなるのか、というのが大きな見所ですよ。そして銀河というヤマトに似て非なる戦艦と、山南のアンドロメダの活躍。もう鳥肌ものでしたね。あとはガトランティスです。ずっと謎だったんですけど、ズォーダーとは!? ガトランティスとは!? サーベラーとの関係も色々と明らかになります。そのあたりデスラーは全然出てこないんですが(笑)。

――ファンのみなさんにメッセージをお願いします。

「大いなる和」――人が集まってできる和を尊ぶ、大いなる「和」がタイトルの歌です。『2202』のファンは僕のようなヤマト世代の方もいれば、10代、20代でも観ている方はたくさんいらっしゃるでしょう。この歌はそのみんなの心に、すっと入ってくる。そういう歌にできあがっています。みんなの心に思い浮かぶような風景から、未来へとぐぐっと広がっていく。ヤマトらしい大きなスケール感の曲を楽しんで下さい。(WebNewtype)

https://webnewtype.com/news/article/167865/

あなたにおすすめ