糖質制限者が「肉は好きだが控えている」理由とは?


ネオマーケティングはこのほど、「食と健康意識」に関する調査結果を明らかにした。同調査は10月4日~6日、全国の20~69歳の男女1,000人を対象にインターネットで実施したもの。

健康のために、積極的に摂(と)っている栄養成分・摂取を控えている栄養成分を尋ねたところ、摂っている栄養成分では「水分」(61.7%)が最も多く、次いで「たんぱく質」(44.7%)、「カルシウム」(42.3%)が続いた。控えている栄養成分は「脂質」(37.5%)、「炭水化物・糖質」(35.0%)が多い。

「糖質制限」の現状について聞くと、「糖質制限はしていない」は52.4%で、残りの47.6%は、何らかの糖質制限をしていることがわかった。内訳は「徹底した糖質制限」が2.2%、「ゆるやかな糖質制限」が11.0%、「特にルールは決めていないが糖質は控えている」が34.4%だった。

次に、「牛肉」「豚肉」の好みについて尋ねた。糖質制限者と非糖質制限者に分けて分析したところ、牛肉は糖質制限者の30.0%が「好きだが、食べるのを控えている」と回答している。

豚肉も糖質制限者が非糖質制限者より、好きだが控えていると多く回答しており、糖質制限をしている人は、「肉が好きにも関わらず、肉を我慢している」ことがわかった。

牛肉または豚肉が「好きだが、食べるのを控えている」と回答した人にその理由を聞くと、「太ると思うから」(59.0%)が最も多く、「健康に悪いと思うから」(33.9%)が続いた。特に糖質制限者は、64.8%が「太ると思うから」、35.8%が「健康に悪いと思うから」と答えている。

牛肉または豚肉が「好きだが、食べるのを控えている」と回答した人に、牛肉や豚肉や加工肉を食べ過ぎる影響について尋ねたところ、「大腸がんのリスクが高まる」(50.6%)という回答が最も多かった。「脳卒中や心筋梗塞のリスクが高まる」(30.3%)という回答も多くなっている。

あなたにおすすめ