「これは買いに行かないと」 赤ちゃんにチョコボールを持たせる理由

grape

2018/11/2 17:01


※写真はイメージ
何をするにも嫌がる『イヤイヤ期』。一般的には2歳から3歳ごろに『イヤイヤ期』のピークを迎えるといいますが、その前から特定のことを嫌がる赤ちゃんも珍しくありません。

2児の母である桜井奈々さんも、子どもの『イヤイヤ』に悩まされる1人。

まだイヤイヤ期は迎えていないものの、1歳になる息子が着替えやおむつを交換することに対して激しく嫌がるそうです。

イヤイヤ期ではまだないですが、、1歳児特有の
着替えイヤ!オムツ替えイヤ!

これってどういう理由なんですかね?!笑
もう笑えるくらい嫌がるので、、笑います。

とくにお風呂あがりの着替えなんて全力で泣きながら逃げます。裸が気持ちいいんですかね?
桜井奈々オフィシャルブログ ーより引用桜井さんは、息子の気がほかに向くようにおもちゃを持たせるなど、対策を練っているそうですがうまくいきません。

しかし、スーパーでもらったあるお菓子が、意外な活躍を見せたそうです。それは…。

何かおもちゃ持たせたり色々してたのですが
先日スーパーのポイントでもらったチョコボールがいまのところヒット新品の未開封のもの。適度な持ちやすい大きさ、振ると音が出る、軽い。完璧

愛用してます

チョコボール美味しいだけではなかった
桜井奈々オフィシャルブログ ーより引用なんと森永製菓が発売しているチョコレート菓子の『チョコボール』を、未開封のパッケージのまま赤ちゃんに持たせると役に立ったというのです!

大きさといい、重さといい、振ると音が出るところも、子どもにとっては最高のおもちゃ。未開封ならチョコボールを誤飲することもなく、安く買い替えることができるのも親としては嬉しいところです。

チョコボールの意外な使い道に、桜井さんも「おいしいだけではなかった」と驚きの声を上げました。

同じように、子どものおむつ替えなどに手こずっている人からは「チョコボールを買ってきますー!」という声も。

子どもによって興味を持つものに違いはありますが、もしかしたらチョコボールが解決の糸口になるかもしれません。

子どもがおむつ替えなどを嫌がるようなら、一度は試してみたくなりますね!


[文・構成/grape編集部]

あなたにおすすめ