30秒ヨガ「Wi-Fiポーズ」。手をグーンと伸ばしてリフレッシュするよ

Glitty

2018/11/2 16:30

写真/gettyimages

お昼休みまでまだ時間がある。

やることはいっぱいあるのに、眠くて頭が働かない。

仕事中、集中力が切れてしまったときは、30秒でサクッとと気持ちを切り替えられるヨガをしてみましょう。

ずぼらヨガ』(飛鳥新社)には、座ったままでリフレッシュできるヨガが紹介されています。

両手をひろげて深呼吸。30秒で気持ちリセット


Wi-Fiの扇型のようなアンテナポーズで、サクッとリフレッシュできます。

1. イスに座って背すじを伸ばす

2. 腕をまっすぐ上げて胸を張りアゴを上げて視線を上に!

3. 深呼吸をしながら30秒手のひら全開ひらく!

肩は下げておくのがポイント! 腕と一緒に上がらないように

【もっと効く方法!】

小技1. 笑顔でやる

口角を上げるだけでもOK!

小技2. 力いっぱい手をグーパーさせながらやる! 指先の神経から目覚めさせる!

(本書 P.51~52より引用)

このポーズで呼吸を深めると、新鮮な酸素が全身に行き渡り、頭がスッキリする効果があるのだそう。

私は両手を広げるときに、指先から新鮮な空気が自分に集まるようなイメージでやると上半身の血流がじんわりと巡りました。

呼吸は鼻から吸って口から吐くようにすると、しっかりできます。

ゆったりした気持ちで深呼吸する必要があるので、オフィスのトイレなどでやるのはあまりおすすめしません。

休みの日に遅く起きたときのだるくて重い気分をスッキリさせたいときや、悩みごとで落ち込んだときの気分転換にもおすすめ。

▼Sponsored

・生理前のイライラ…。じつは軽減する方法があった

・肌の透明感には「保湿」が不可欠。プロに聞いた効果が高まるスキンケアって?

・「頬ぷりライン」ある? 思わず見とれるみずみずしい肌の秘密

あなたにおすすめ