毎回トレンド入り『カラオケMAX』はなぜ盛り上がる? 第7弾1日目レポ


声優・小山剛志がプロデューサーを務めるイベント「JOYSOUND PRESENTS 小山剛志カラオケ企画第7弾 カラオケMAX」が7月20・21日に埼玉県・さいたま市文化センター 大ホールにて開催された。今回は、主催の小山剛志をはじめ、高塚智人・仲村宗悟・野上翔・深町寿成・藍原ことみ・阿部里果・駒形友梨・山本希望と事前の「うたスキ動画」企画の投票で選ばれた奥田耕大が出演した20日の様子をレポート。

「カラオケMAX」は、公演終了後の数時間はほぼ必ずと言っていいほどTwitterのトレンド入りするほどの話題となるイベント。なぜそれほどまでに人気があるのか。今回は初めて「カラオケMAX」を見た筆者が感じた本イベントの様子をレポートともにお届けする。

▼予習の必要がない

『カラオケMAX』はその名前の通り、人気声優たちがカラオケを披露するイベント。ゆえに誰がどういう曲を歌うのかもイベントが始まるまではあまり予想がつかない。

今回は、Twitterなどで「アイカツ!おじさん」を自称する高塚が『アイカツ!』の楽曲「SHINING LINE*」を熱唱して会場を驚かせたほか、藍原が「タマシイレボリューション」、駒形が「真夏の果実」を歌い上げるなど、アニメソング以外にも年代やジャンルを問わず様々な曲が披露された。

そうなると予習していくことはほぼ不可能。だからこそ、気兼ねなくイベントに足を運べるし、どういう曲を歌うのかわからないというワクワク感が生まれる。しかもイベントに登壇するのは歌も上手ければ演出で盛り上げてくれる声優たちばかりだから曲を知らなくても楽しむことができるのだ。誰でも気軽にイベントへ行ける、それが『カラオケMAX』の魅力のひとつだろう。

▼組み合わせが"わかっている"

アニメ・ゲーム作品などコンテンツのイベントではないからこそ気兼ねなく楽しめるのが本イベント。一方で出演者の組み合わせやセットリストがファンにとっては「わかっている」と感じるものが多いのも特徴ではないだろうか。

今回の「デュエット縛り」のコーナーでは、阿部&駒形や高塚&深町など、同じコンテンツで共演するふたりが息の合ったパフォーマンスを披露して会場を沸かせるシーンも目立った。

また野上は『ツキプロ』シリーズで共演する、武内駿輔が演じる和泉柊羽の「End of Night」をモノマネ縛りのコーナーで歌唱したり、『キラキラ☆プリキュアアラモード』でOPテーマ曲を担当した駒形が同作品のキャラクターソング「ショコラ・エトワール」を披露したりと「作品をわかっているファン」にはさらに嬉しいセットリストで一層イベントを盛り上げていた。

▼とにかく面白い

本イベントがここまで話題になっているのは、単純に、とにかく面白いから。「そりゃ当たり前だろ」と思う方もいるかもしれないが、例えば深町が「紅蓮の弓矢」で巨人の仮面をかぶっていきなり登場したり、山本がハローキティのモノマネで「(実際のポップコーンを持ちながら)出来立てのポップコーンはいかが?」と連呼したりと、ある意味やりたい放題。

そしてDA PUMPの「if...」では藍原と山本が絶妙なコンビネーションで本格的なラップを披露したりと演者それぞれが「楽しんでもらう」ための工夫や演出を心掛けているのだ。

また、笑いに寄ったカラオケばかりではない。抜群の歌唱力で存在感を見せつける演者も見逃してはならない。特に「津軽海峡・冬景色」を披露した阿部の歌唱力の高さには文字通り会場がどよめいていたのも特徴的だった。

さらに、仲村がオーイシマサヨシの「君じゃなきゃダメみたい」を熱唱。中村は自身のTwitterなどでギターを弾いた音源をアップしたり、耳コピしたことをツイートしたりしている。そのため「実際に歌っているのを聞いてみたかった」という選曲になっているのだ。

こういった声優たちの様々な面を知ることができ、なぜ「その人がその曲を歌っているのか」を考察して楽しめるのも本イベントが愛される理由ではないだろうか。

▼お決まりの流れや楽曲も

誰がどの曲を歌うか分からない、どういう構成になるのか分からないのが本イベントの魅力。そんなイベントの中でもお決まりの流れや、よく選曲される定番曲がある。高塚が歌唱した「はじめてのチュウ」は過去にも様々な声優たちが歌ってきた定番の曲。恒例の流れや楽曲で盛り上がるのも本イベントの特徴だろう。

たくさんの魅力が詰まった「カラオケMAX」。今回はJOY SOUNDとコラボレーションし、「うたスキ動画」を使って一般投票で選ばれた人が舞台に立って歌う企画など、新たな取り組みも行われた。次はどんな企画でワクワクを生むのだろうか。「カラオケ」と言っても、決して内輪だけで盛り上がるのではなく、ちゃんと見ている人たちも満足できる本イベントに次は誰が出演するのか、考えるだけでも楽しくなってくる。

●「JOYSOUND PRESENTS 小山剛志カラオケ企画第7弾 カラオケMAX」7月20日公演セットリスト
M1.YOUNG MAN(西城秀樹)/小山剛志
M2.Northern lights (林原めぐみ)/駒形友梨
M3.君じゃなきゃダメみたい(オーイシマサヨシ)/仲村宗悟
M4.津軽海峡・冬景色(石川さゆり)/阿部里果
M5.遥か彼方(ASIAN KUNG-FU GENERATION)/野上翔
M6.最強○×計画 (MOSAIC.WAV)/山本希望
M7.SHINING LINE*(わか・ふうり・ゆな from STAR☆ANIS)/高塚智人
M8.タマシイレボリューション(Superfly)/藍原ことみ
M9.紅蓮の弓矢(Linked Horizon)/深町寿成
M10.真赤(My Hair is Bad)/奥田耕大(うたスキ選出枠)
【夏っぽい曲縛り】
M11.小さな恋のうた(MONGOL800)/仲村宗悟
M12.GOOD BYE 夏男(松浦亜弥)/阿部里果
M13.アゲハ蝶(ポルノグラフィティ)/野上翔
M14.BLUE BIRD(浜崎あゆみ)/山本希望
M15.青い栞(Galileo Galilei)/高塚智人
M16.真夏の果実(サザンオールスターズ)/駒形友梨
M17.渚のバルコニー(松田聖子)/藍原ことみ
M18.ウィーアー! (きただにひろし)/深町寿成
【モノマネ縛り】
M19.ガッチャマンの歌(子門真人)/仲村宗悟
M20.ハローキティ(林原めぐみ)/山本希望
M21.はじめてのチュウ(あんしんパパ)/高塚智人
M22.ショコラ・エトワール(森なな子)/駒形友梨
M23.Squall(福山雅治)/深町寿成
M24.End of Night(武内駿輔)/野上翔
M25.METRO BAROQUE(水樹奈々)/藍原ことみ
M26.三日月(絢香)/阿部里果
【デュエット縛り】
M27.if...(DA PUMP)/藍原ことみ&山本希望
M28.背中越しのチャンス(亀と山P)/高塚智人&深町寿成
M29.トライアングラー(fight on stage)(中島愛、May'n)/阿部里果&駒形友梨
M30.Butter-Fly(和田光司)/仲村宗悟&野上翔(出演者全員)
【延長】
夏祭り(Whiteberry)/出演者全員

あなたにおすすめ